日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂上忍「過去のパワハラと飲酒運転」

坂上忍、10月からレギュラー8本の大躍進! 視聴者が反感を抱く「過去のパワハラと飲酒運転」とは?

フジテレビ系『坂上どうぶつ王国』公式サイトより

 俳優でタレントの坂上忍が10月から『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)、『1番だけが知っている』(TBS系)の新番組2本のメインMCを務める。これでフジテレビ系では『直撃!シンソウ坂上』『バイキング』『ダウンタウンなう』、TBS系では『坂上&指原のつぶれない店』、日本テレビ系では『天才!志村どうぶつ園』『有吉ゼミ』と、キー局でなんと8本のレギュラー・準レギュラーを持つことになる。

 秋の番組改編を前に、各テレビ局の編成担当者は「卓越したMC力。まっすぐに番組を進行している。それが世の中に受けている」「坂上さんの番組を増やすことには、まったく躊躇がない」と坂上をベタ褒め。テレビで坂上を見ない日はなく、その勢いはすさまじさを増している。

「視聴者に受けているのは、『バイキング』で見られるような厳しい態度と意見です。世の中の人が思っていることを、単純明快に言葉にし、放送を通じて悪を成敗してくれる。そういう姿が受けているようです。また、ツッコミも的確で、共感を得やすい。長い芸歴からくる空気を読む力が、テレビの前にいる視聴者に安心感を与えています」(テレビ局関係者)

 一方で、坂上の強い意見や主張に対し、ネットを中心に反感を買うことも多い。

「『バイキング』では声高に“パワハラ”を糾弾していますが、自身が主宰する子役スクール『アヴァンセ』では、これまでパワハラまがいの指導を繰り返してきました。2013年5月にはその様子が『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)で放送され、子どもに対し威圧感を与え、暴言を吐き、怒鳴る指導が、お茶の間に衝撃を与えました。また、1995年に飲酒運転の末に電柱に衝突する器物損壊事件を起こし、大破した車で逃走したため現行犯逮捕された過去もありながら、道交法違反で逮捕された吉澤ひとみ容疑者を非難するコメントを述べ、視聴者からの批判にさらされました。そういった坂上さんにまつわる矛盾が、ネットで叩かれる要因となっているようです」(同)

 今や日本を代表する司会者の一人であるだけに、自身のこれまでの行動と現在の言動に整合性が取れない点をどう考えるのか、一度釈明してもらいたいものだが……。

最終更新:2018/09/13 12:00
こんな記事も読まれています

坂上忍、10月からレギュラー8本の大躍進! 視聴者が反感を抱く「過去のパワハラと飲酒運転」とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真