日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能界の洗脳騒動はウソだらけ?

小林麻耶は“スピルチュアル夫”に洗脳されていない! 芸能界の洗脳騒動はウソだらけ?

小林麻耶のインスタグラム(@maya712star9 )より

 今年7月に4歳年下の男性と結婚したことを発表した小林麻耶。そのお相手の素性は明らかになっていなかったが、13日発売の「女性セブン」(小学館)が“宇宙ヨガ”を使う整体師であると報じた。

「宇宙のパワーとリンクするヨガを駆使したスピリチュアル系の整体師だそうです。霊感が強くて、癒やしのパワーを持っている人だとか。そういう人がお相手なもんだから、業界内では『麻耶さんは洗脳されているんじゃないか?』なんていう声も……」(芸能事務所関係者)

 小林が洗脳されているなどという事実は一切ないが、芸能界ではしばしば勃発する「洗脳騒動」。近年では、のん(能年玲奈)が芸能事務所レプロエンタテインメントから独立した際に、“生ゴミ先生”と呼ばれる演出家に洗脳されたていたとのウワサが流れた。また、2017年に芸能界を引退した江角マキコも、実業家の男性に洗脳されたのではないかと報じられたことがあった。

 頻繁にマスコミを騒がせる芸能人の洗脳騒動。本当に洗脳されているケースは、どれくらいあるのだろうか? 芸能スキャンダルに詳しいベテラン週刊誌記者はこう話す。

「X JAPANのToshlや辺見マリのように、実際に洗脳されていたケースもありますが、ほとんどの洗脳騒動はデマに近いものだと認識していいと思います」

 では一体、どうして洗脳騒動が巻き起こってしまうのだろうか?

「いろんなケースがありますが、よくあるのが、タレントの足を引っ張ろうとするもの。洗脳されたというウワサが広まれば、そのタレントの価値は下がってしまうし、仕事のオファーも激減することは必至。仕事をさせたくない勢力による情報操作というわけです。事務所移籍トラブルの際に洗脳騒動が多いのは、そのためです」(同)

 また、さまざまなトラブルを隠蔽するために「洗脳」という言葉が使われるケースもあるようだ。

「たとえば金銭トラブルがあったり、不倫トラブルがあったりして、芸能活動ができなくなってしまったときなどに『洗脳された』ということにして、事実を隠そうとする場合もあります」(同)

 いずれにしろ「洗脳騒動」はかなりうさんくさいものといえそう。“洗脳ゴシップ”に騙されてはいけない。

最終更新:2018/09/17 14:00

小林麻耶は“スピルチュアル夫”に洗脳されていない! 芸能界の洗脳騒動はウソだらけ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

〈SHAKKAZOMBIE〉の “OSUMI”追悼座談会

 オオスミタケシ氏が逝去という突然の訃報に胸を衝かれた1月下旬。昨今は「ミスター・ジ...
写真