日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松本人志の新番組「また焼き直し?」

松本人志のアマゾン新番組『FREEZE』に「また焼き直しか?」の厳しい声も! もはや演者ではなく傍観者……

『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』公式Twitter(@Freeze_amazon)より

 ダウンタウンの松本人志によるAmazonプライム・ビデオの新番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)』が9月19日から配信開始となる。松本によるAmazonプライム・ビデオの番組は『ドキュメンタル』に続いて第2弾。『ドキュメンタル』が“笑ったら負け”というルールだったのに対し、『FREEZE』は“動いたら負け”という内容となっている。

 フットボールアワー岩尾望、南海キャンディーズしずちゃん、鈴木奈々、ボビー・オロゴン、ダイアモンド☆ユカイなどの参加者が“氷の塔”に集結。そこで巻き起こるさまざまな仕掛けに、リアクションをすることなく、フリーズし続けることができたら勝利、という番組だ。動いた参加者から脱落し、最後まで残った1人が優勝賞金100万円を獲得するというルールとなっている。バラエティー番組にも関わることが多いという、とある放送作家はこう話す。

「『ドキュメンタル』がお笑いのフリースタイルバトルだったら、『FREEZE』はリアクションのバトル。ただ、リアクションの面白さを競うのではなく、“いかにリアクションをしないか”というルールの中でのリアクションを楽しむをいう点で、少々複雑な構造になっています」

 この『FREEZE』は、日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』で放送された「ノーリアクション王決定戦」をベースにした企画だと言われている。

「俳優の大和田伸也やラッパーのZEEBRAなども出演した企画で、2人同時にいろんなことをされて、よりノーリアクションだった方が勝つというもの。この企画を一つの番組として新たにパッケージし直したのが『FREEZE』ということになります。シンプルながらも奥深い面白さがある企画だと好評だったんですが、“クリエイティブな笑い”からは、ちょっとかけ離れるものかもしれません。その点については、松本人志らしくない企画だと思います」(同)

 そもそも芸人同士が密室で笑わせ合い、笑った者から脱落していく『ドキュメンタル』についても、『ガキの使い~』の“笑ってはいけないシリーズ”をベースにしているとされている。そういう意味では、今回の『FREEZE』もまた『ガキの使い』から派生した番組と言える。

「2つ連続で“焼き直し”の番組だったので、松本人志の企画力の枯渇を指摘する業界人も多いですね。たしかに、『ガキの使い』ではできなかった過激な表現をネットでやっているという側面もありますが、それくらいのことであれば松本人志でなくても、誰でも思いつく。せっかく松本人志なのだから、オリジナリティーに溢れた番組が見たかったという意見が聞こえてきます」(制作会社関係者)

 それこそ松本人志にオリジナルのコント番組を手がけてほしいという声もあるようだが、松本の周囲からは「あまりにも危険すぎる」との判断になっているという。

「映画が興行的にコケるだけならまだしも、世間からの評価も映画評論家からの評価も全く得られておらず、さらに2011年から12年にNHKで放送されたコント番組『松本人志のコントMHK』も“全く面白くなかった”という声が多い状況。もはや松本周辺も“コントを作る才能は枯渇した”“コントには手を出さないでほしい”というのが共通認識になっているとか。そういう意味では、結局『ドキュメンタル』や『FREEZE』のような、松本以外の出演者がプレイヤーとなるスタイルこそが最適解なのでしょう」(前出・放送作家)

 どうやら“演者”ではなく、“傍観者”という立ち位置こそが今の松本人志の役割となってしまったようだ。

最終更新:2018/09/18 16:00
こんな記事も読まれています

松本人志のアマゾン新番組『FREEZE』に「また焼き直しか?」の厳しい声も! もはや演者ではなく傍観者……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

チュート徳井は悪質なやり方か

今週の注目記事・第1位「森田健作、台風被害の最...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真