日刊サイゾー トップ > 芸能  > miwa・萩野熱愛に「水連」困惑!?

年内結婚とも囁かれるmiwaと萩野公介、“最強タッグ”「大手プロ」と「水連」のチームワーク

miwa公式ブログより

 9月9日、シンガーソングライターのmiwaと、リオ五輪男子水泳金メダリスト・萩野公介の熱愛が発覚した。

「2人の出会いは2016年。その後、miwaがナビゲーターを務める番組で共演し交際へと発展したようで、すでに1年以上、関係を温めてきたといわれています」(スポーツ紙記者)

 だが、2人の熱愛関係は、昨年から芸能マスコミの間でもウワサになっていたという。

「実際、一部週刊誌が取材を進めていました。しかし、これが記事になることはなかった。なんでも萩野の周囲関係者らへのかん口令など、水連(日本水泳連盟)からの強力な抵抗があったといわれています。東京五輪の有力金メダル候補の萩野ですが、ケガの影響からこの数年は成績が振るわず。そんな中、競技外で必要以上に騒がれるようなことがあっては、メダル獲得が遠のいてしまいかねないし、スポンサー企業もいい顔をしないだろうということで、水連は強硬な姿勢を崩しませんでした」(芸能記者)

 実は、水連はこうしたマスコミの動きに非情に過敏な反応を示す団体として、スポーツ取材の現場では有名だという。

「8月に行われた『アジア競技大会ジャカルタ』で高校生ながら6種目で優勝した池江璃花子の取材にもかなり制限をかけていて、取材カメラ位置や掲載写真についても非常にナーバス。細かな注文が入ることも珍しくありません。来年、池江が高校を卒業し、さらなる取材合戦が展開されることに、特に警戒心を強めていますね」(スポーツ紙記者)

 なかなか厄介だが、それでも今回、萩野の熱愛をスポーツ各紙が一斉に報じたのはなぜか? 実に単純な話のようだ。

「要するに、2人の結婚が決まったからです。周囲の関係者に報告する中で、情報が漏れないはずはなく、だったら先に発表してしまおうということでしょう。年内にも、正式に結婚の報告があるのでは」(同)

 気になるのは、miwaは大手プロ系列の事務所所属のアーティストで、萩野は競技以外のマネジメントを、北島康介が社長を務めるアスリート事務所が管理しており、こちらも大手プロと関わりがあるといわれていることだ。

「今後、結婚発表その他で、大手プロが2人をコントロールしていくことは間違いなさそうですが、その動きと水連の足並みが、どこまで揃っているか怪しいところ。miwaは大手プロのプッシュが露骨なこともあって、ネットでは嫌われ者として知られています。今回の熱愛発覚も、『最近、(荻野の)成績が悪いのはこの女のせいだったのか』『メダルを獲れなかったらmiwaのせい』といった書き込みが目立ちますから、水連がこの熱愛を歓迎しているとは思えません」(同)

 愛するmiwaが「サゲマン」のそしりを受けないように、という思いが、萩野の金メダルへの新たなモチベーションとなるか、それともいらぬプレッシャーを背負うことになるか?

最終更新:2018/09/19 09:31
こんな記事も読まれています

年内結婚とも囁かれるmiwaと萩野公介、“最強タッグ”「大手プロ」と「水連」のチームワークのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真