日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松本人志の“ヤバすぎる”ロリ性癖

“日村イジリ”で株を上げた松本人志が、過去に暴露されていた“ヤバすぎる”ロリ性癖

松本人志

 人のことをイジる資格はなかった?

 9月22日に放送された『キングオブコント2018』(TBS系)に、16歳少女との淫行問題が報じられていたバナナマン・日村勇紀が審査員として出演。番組では松本人志から「今年はまた違う緊張感があるのは、もしかしたら日村さんがいるからかも」と騒動をイジられ、「お騒がせして申し訳ありません」と謝罪する場面があった。

 絶妙なイジリに場内は爆笑となり、視聴者からは「さすが松本!」と称賛の声も聞かれている。しかし、ネット上では松本の過去の発言が問題視もされているようだ。芸能ライターが明かす。

「松本はこれまで、たびたび未成年との行為を容認する発言をしています。03年にはラジオ番組で月亭方正(山崎邦正)とトーク。その際、月亭は松本が『“胸さえ出ていれば全部イケる”って』と言っていたことを暴露。これに松本は『人それぞれ成長過程は違う』『胸がぷっくり出たら、それはもう“ご賞味あれ”ってこと』と持論を展開しています。『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)では、浜田雅功に『コイツ14歳ぐらいの子と付き合ったりしてたで』と言われ反論するも、『ええで、事実やし、俺勝てるで』と畳みかけられると沈黙。ほかにも02年の番組では『平成生まれとの行為がしたい』と発言したり、『15歳くらいがストライク』だと語っていたこともあります」

 日村をイジりすぎると、自分へのブーメランになることがわかっていたからこそ、やんわりとしたトークになっていたのかもしれない!?

最終更新:2018/09/27 13:46
こんな記事も読まれています

“日村イジリ”で株を上げた松本人志が、過去に暴露されていた“ヤバすぎる”ロリ性癖のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...
写真