日刊サイゾー トップ > 芸能  > 真木よう子移籍は「終わりの始まり」

真木よう子の“レプロ移籍”は大丈夫? 業界関係者は「終わりの始まり」と心配の声

レプロエンタテインメント公式サイトより

 今年1月に所属事務所を退社した女優の真木よう子が、新たに大手芸能事務所「レプロエンタテインメント」とマネジメント契約を結んだことが明らかになった。

 レプロといえば、“あまちゃん女優”能年玲奈と、清水富美加の独立騒動でおなじみ。前者はレプロの労働環境を非難し、ケンカ別れ。後者は宗教団体「幸福の科学」に清水を“奪われた”形となった。

「能年さんと清水さんが相次いでいなくなったことで、事務所の稼ぎ頭はガッキー(新垣結衣)くらいのもの。2人の穴を埋める人材は真木さんしかいないと考え、動いたようです」(スポーツ紙記者)

 とはいえ、それが吉と出るか凶と出るかはわからない。真木が前所属事務所を辞めた理由は、待遇面の不満。事情を知る関係者いわく「長年の不満が爆発したわけではなく、突然『ギャラが安い』と言い出した。晩年は事務所関係者もコントロール不能に陥っていた」。能年との一件がある以上、レプロが真木の要望に応えられるかは不透明だ。

「とにかく彼女は気性が荒く、一度機嫌を損ねたら手がつけられない。前事務所では、マネジャーも最後はサジを投げていましたね。レプロで担当する人は相当な覚悟が必要です」(芸能プロ関係者)

 レプロもレプロで、ここ数年、退職者が続出しており、タレントだけでなくマネジャーの人材不足問題も抱えている。

「真木さんの加入が『レプロの終わりの始まりになるのでは?』と見る芸能関係者も多いですね。きちんと身体検査したのかなぁ。業界ではシャレにならない話も出回っているのに……」(週刊誌デスク)

 さっそく仕事のオファーが相次いでいるという真木だが、かつての売れっ子ぶりを取り戻すことができるかは不透明だ。

最終更新:2018/09/28 17:00

真木よう子の“レプロ移籍”は大丈夫? 業界関係者は「終わりの始まり」と心配の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

沖縄の少年少女…性風俗でも

「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を...
写真