日刊サイゾー トップ > 芸能  > 河北麻友子出演の会見に記者から非難

河北麻友子の記者会見、スタッフがグダグダすぎて非難轟々! メディアから反発買う

オスカープロモーション公式サイトより

 毎日のように芸能人がゲスト出演する記者会見がどこかで開かれ、マスコミがネタを拾いに取材をしている。その中には、とんでもなくグダグダな現場もあるという。

 9月27日、都内で『第2回ミス美しい20代コンテスト』受賞者お披露目記者発表会が行われた。このコンテストの主催はオスカープロモーション。20代女性のスターを発掘するというもので、今年は愛知県出身の川瀬莉子さん(21)がグランプリに輝いた。

「発表会には河北麻友子などオスカー所属のタレントもゲスト出演していて、囲み取材も行われました。ところが、この囲み取材が本当にひどいものでした」(現場にいた芸能記者)

“囲み取材”とは、記者会見などでスポーツ紙や週刊誌の記者がタレントを囲んで行う取材のこと。記者が自由に質問できる場合と、代表者が質問する場合がある。

「今回は主催者側が用意したスタッフが質問をする形だったんですが、そのスタッフが全然話せないし、質問も用意していないしで、ちっとも機能せず。途中、河北さんがそのスタッフをイジって笑いにするような場面こそありましたが、はっきり言って囲み取材としてはまったく成立していなかった。グダグダすぎて見出しに使えるようなコメントもほとんど取れずじまい。別に河北がリアルタイムでスキャンダルを抱えているわけでもないのに、どうしてフリーで質問させなかったのか理解できません」(同)

 せっかく囲み取材を開いても、登場したタレントが記事で使えそうなコメントをしなければ、話題にもならない。そういう意味では、今回の囲み取材は大失敗だったといえるだろう。

「各媒体の記者に自由に質問をさせたほうが、(記事化するのに)良いコメントが取れるのは間違いありません。しかし、際どい質問をさせたくない芸能事務所側の意向もあって、代表者質問になることも多い。会見を開く企業としても、そこで発表した商品やサービスを宣伝したいのであって、タレントのスキャンダルを広めたいわけではないですしね。でも、結局タレントを呼ぶというのは、話題性を利用するということなのだから、代表者質問にするとあまり意味がない。炎上をあまりにも避けるがゆえのチグハグさが出てしまっていますよね」(広告代理店関係者)

 リスクを回避するのはわかるが、グダグダな囲み取材をすることでメディアから嫌われてしまっては、むしろ逆効果。メディアを味方につけるという意味では、できるだけフリーな囲み取材を行うべきだろう。

最終更新:2018/10/02 16:00

河北麻友子の記者会見、スタッフがグダグダすぎて非難轟々! メディアから反発買うのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真