日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『東ラブ』再放送で“2つの苦情”

フジテレビ大困惑! 『東京ラブストーリー』再放送に寄せられた“2つの苦情”とは?

フジテレビ系『SUITS/スーツ』番組公式サイトより

 10月8日からスタートするドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)で織田裕二と鈴木保奈美が27年ぶりに共演することを受け、伝説のドラマ『東京ラブストーリー』(同)が9月14~28日に再放送された。

 リアルタイムの視聴率は2%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)にとどまったものの、5月に再放送された嵐・櫻井翔の『謎解きはディナーのあとで』(同)、8月の山下智久の『コード・ブルー』(同)と比べ、録画再生視聴は約1.5倍だったという。

「タイトルは聞いたことがあるものの、実際に作品を観たことがなかった若い世代が食いついたようです。ネット上でも『昔のフジテレビは面白かったんだ』という声が聞かれ、ドラマを手掛けた大多亮常務も『SUITS』にプラスになることを期待していました」(スポーツ紙記者)

 しかし、この再放送に眉をひそめている人たちがいるという。テレビ関係者が明かす。

「当の織田本人は、『あの時の自分は未熟だった』と語り、その姿を晒すことを嫌がっていたといいます。また、今作はHey! Say! JUMP・中島裕翔とのバディものなのですが、鈴木ばかりがクローズアップされ、ドラマの内容がお茶の間に伝わっていないことを懸念しているとか」

 そして、もうひとつの苦言の出どころは、学校関係者だという。

「鈴木演じるリカの有名なセリフ『カンチ、セックスしよ』を女子中高生たちがまねる現象が起きているらしく、PTAがフジに苦情を寄せていたという話も聞きます」(芸能記者)

 果たして、番宣効果がどれほどあったのか、『SUITS/スーツ』の視聴率が楽しみだ。

最終更新:2018/10/03 10:00
こんな記事も読まれています

フジテレビ大困惑! 『東京ラブストーリー』再放送に寄せられた“2つの苦情”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真