日刊サイゾー トップ > 芸能  > なぜか地上波に出られる稲垣吾郎

元SMAP退所組で唯一地上波の仕事が絶えない稲垣吾郎が“5人”復活のキーマンに!?

稲垣吾郎 オフィシャルブログより

 10月3日、稲垣吾郎がアンバサダーを務めるミニ番組『爽快吾郎』(関西テレビ)の放送が決定。ネット上からは、「この勢いで地上波どんどん出てほしい」「地方局とはいえ、吾郎ちゃん地上波強いな!」といった声が上がっている。

 3日から24日までの毎週水曜日、全4回にわたって放送される『爽快吾郎』。稲垣が“爽快アンバサダー”になり、爽快で新しいアウトドアの楽しみ方を提案するという。

 放送時間はおよそ5分で関西エリアのみの放送だが、稲垣が地上波で見られるということでファンは歓喜。SNSなどには、「爽快吾郎なかなかいい響き! 次はカンテレから攻めていくのか?」「関テレさん、ありがとうございます。たとえミニ番組だとしても本当に嬉しいです」「この調子で、いつの間にかスルッと地上波完全復帰すればいい」などの声が上がっている。

「多くのファンが期待のツイートをしたからか、『爽快吾郎』がTwitterでトレンド入り。また同番組はサントリーの1社提供ということで、ファンの間では『#サントリーさんありがとう』というハッシュタグが盛り上がっています。“新しい地図”組はCMがバンバン決まっていますが、地上波番組への出演が激減。しかし、稲垣だけが『ゴロウ・デラックス』(TBS系)という地上波レギュラーを持っています。また今年8月には『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2018』(フジテレビ系)へ出演。3人の中では唯一といっていいほど地上波での仕事が絶えません」(芸能ライター)

 草なぎ剛と香取慎吾は地上波番組への出演から遠ざかっているが、地上波で“5人”を見ることはできるのだろうか。

「今年8月に発売された『週刊文春』(文藝春秋)で、稲垣は阿川佐和子と対談。SMAP解散時のことを振り返り、『喧嘩したわけでもないし、話し合いはできているんです』『“愛してる”はちょっとオーバーな言い方かもしれませんが、絆というか通じ合ってる心はある』とコメントしています。また、今後については『いずれ地上波で共演もできたりとか、いろんなことが実現できる日が早く来ればいいなと思っています』と発言。ネット上からは『またいつか揃う日がくるといいね』『“そのとき”が来るまで、今はそれぞれ個々で頑張ってほしい』といった声が上がっていました。“5人”の復活は、退所組で唯一地上波レギュラーが継続放送されている稲垣がキーマンになるかもしれませんね」(同)

 一挙手一投足が注目を集める元SMAPの5人。復活を求める声が多いのは、それだけ愛されていたグループだったということだろう。

最終更新:2018/10/03 20:00
こんな記事も読まれています

元SMAP退所組で唯一地上波の仕事が絶えない稲垣吾郎が“5人”復活のキーマンに!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

ファーストサマーウイカ登場!

 サイゾー読者的には、アイドルグループ「BiS」や「BILLIE IDLE」としての...
写真