日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『バゲット』は枠消滅のための番組?

日テレ新番組『バゲット』 局アナのみの出演でやる気なし、枠自体を消滅させるための番組なのか

日本テレビ系『バゲット』番組公式サイトより

 日本テレビ系の情報番組『バゲット』(月~木、午前10時25分~11時30分)が10月1日にスタートした。ビビる大木と岡田圭右がMCを務めた『PON!』の後番組となるが、あまりの雰囲気の変わりように業界内もざわついているという。

「『PON!』は芸人やタレントをコメンテーターやレポーターに起用して、かなりバラエティー色が強い情報番組でしたが、『バゲット』に出演するのは局アナのみ。エンタメ系の情報は『PON!』に比べて抑えめで、生活情報系がメインの番組になっています。正直言ってすごく地味な印象で、地方局の情報番組みたい。日テレのやる気はゼロでしょう」(テレビ誌記者)

 大幅なシフトチェンジをしてきた日本テレビ。その背景には、どんな事情があるのだろうか?

「単純に、経費削減という側面は強いのでは? この枠は全国ネットではなく、日本テレビを含めて3局でしかネットされておらず、高いギャラを払って芸能人を出すほどでもないという判断だったことは、想像するにたやすい。極端な話、いつこの枠の帯番組を終わらせてもいいというスタンスなのかもしれません」(テレビ局関係者)

 実際、地方局では『バゲット』が放送されている平日の午前10時~11時台は、情報番組ではなく、再放送や通販番組が組まれていることも多い。

「大阪の読売テレビも、かつてはこの枠で『なるトモ!』という人気番組を放送していて、それが東京にネットされたこともあった。当時は地方局の帯の情報番組がキー局で放送されることなんてあまりなかったので、業界内でもかなり話題になったし、この番組がきっかけとなって陣内智則は全国区にもなりました。しかし、2009年に『なるトモ!』が終了すると、読売テレビはこの枠の自社制作帯番組をやめて、再放送や通販番組にシフト。しかも今では『イッテQ!』や『有吉ゼミ』など、現在放送中のバラエティーを再放送しています。完全に、手軽に視聴率を取れる番組を使い回している状態です。業界的には、この枠の情報番組は必要ないということなのでしょう。『バゲット』は、いうなれば、この枠を潰すために始まった番組かもしれません」(同)

『PON!』終了とともに帯番組の枠が消滅していたら、MCを務めたビビるや岡田の責任とされかねないところだが、局アナだけの『バゲット』が最後となれば、日本テレビが責任を負う形となる。

「『PON!』が不評で枠がなくなったのであれば、ビビるが所属するナベプロや岡田が所属する松竹芸能の看板を汚すことになってしまいます。でも、局アナだけの『バゲット』になってから枠が消滅したというのであれば、日テレとしても自己責任で片付けられます。『バゲット』には、いろんな事務所のメンツを保ったまま枠を潰すという役割があるように見えますね」(同)

 日本テレビの朝の情報番組枠がなくなるのも、時間の問題かもしれない。

最終更新:2018/10/08 10:00
こんな記事も読まれています

日テレ新番組『バゲット』 局アナのみの出演でやる気なし、枠自体を消滅させるための番組なのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

巷で話題「港区女子」の実態とは!?

ここ数年、まるでバブルのような存在感でその名を轟かせている「港区女子」。生息地は主に港区...
写真