日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元KARAに“ハメ撮り”流出危機

元KARAのク・ハラ、元交際相手との“ハメ撮り”流出危機……少女時代との「格差」に何思う?

元KARAのク・ハラ

 K-POPガールズグループ、KARAの元メンバーのク・ハラと元交際相手による暴行騒ぎが、泥沼の様相を呈してきた。

 ハラは9月13日、別れ話のもつれから彼女に暴行を受けたと、交際相手だったヘアデサイナーに通報され、警察が出動する騒ぎを起こしていた。しかし、対するハラも同月27日、元交際相手を強要・脅迫・性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反で告訴。メディアのインタビューで、元恋人が交際時に2人で一緒に撮影した性的な映像を彼女に送りつけ、「芸能人生を終わらせてやる」と脅迫してきたことを明かした。

「性的な映像というのは、“ハメ撮り”映像ということですよね。いわゆるリベンジポルノなのですが、お堅い韓国社会にあって、人気アイドルがハメ撮りをしていたことを明かすなんて極めて異例です。所詮は痴話ゲンカの延長で大した罪に問われるはずもないのですから、ハメ撮り映像による脅迫を明かすよりも、たとえ事実でなかったとしても、当初の容疑だった元恋人への暴行を認めたほうが得策だと思うのですが……」(韓流雑誌編集者)

 ハラとしては、あくまでも事実関係を明らかにしたいということなのか。ケンカの原因も、双方の言い分が全く異なる。元交際相手が別れ話を切り出したらハラが逆上して暴力を振るってきたと訴えているのに対し、ハラは元交際相手が日頃から嫉妬深く、仕事関係で男性と接することがいさかいの元になったと主張。

「ハラとしては徹底抗戦の構えで、証拠として警察に産婦人科と整形外科の診断書も提出。そこには、子宮と膣からの出血の診断を受けたことが確認されているそうです。ここまで赤裸々に事実関係が明らかになってしまうのは、まさに泥沼の状況で、今回の件がどのような形で決着しようとも、ハラの今後の芸能活動に支障をきたすのは明らか。ハメ撮り映像が流出する恐れだってあるわけですからね」(同)

 日本でのK-POPブームを牽引したKARAのメンバーの中でも一番人気を誇ったハラだが、かつてからは想像できない転落ぶり。当時のライバルだった少女時代が解散の危機を乗り越え、新ユニットで新曲をリリースするなど健在ぶりを示す中、堕ちたK-POPクイーンは自身の窮状に何を思うのか?

最終更新:2018/10/06 06:00

元KARAのク・ハラ、元交際相手との“ハメ撮り”流出危機……少女時代との「格差」に何思う?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

Young Cocoが歌う黒い仕事とポジティブな愛

 2010年代からトレンドとなっているアトランタ発のラップ・ミュージックのスタイル...
写真