日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 乃木坂46齋藤飛鳥「10年」宣言に安堵

齋藤飛鳥、「とりあえず10年は乃木坂46にいたい」発言でファン安堵 運営の育成力に称賛の声も

乃木坂46公式サイトより

 人気アイドルグループ・乃木坂46の“あしゅ”こと齋藤飛鳥が、6日に放送された情報バラエティー番組『王様のブランチ』(TBS系)にVTR出演。今後10年はグループに在籍する意向であることを明かしたため、卒業発表ラッシュで傷心のファンを安堵させた。

 5日に公開された初ヒロイン映画『あの頃、君を追いかけた』のPRのため、主演の山田裕貴とともにVTR出演した齋藤。高校3年生から10年間を描いた映画のストーリーになぞらえて、インタビュアーを務めたタレントのLiLiCoから、「長く大事にしたいことは?」と質問された際、「(台湾の占い師から)『今の仕事を10年続けなさい』って言われたので、とりあえず10年は乃木坂46にいたいなと思ってます」とコメントし、ファンを喜ばせた。

「乃木坂46ファンが喜ぶのも無理はなく、今年に入り川村真洋、生駒里奈、斎藤ちはる、相楽伊織の4人が卒業。また、先月から西野七瀬、若月佑美、能條愛未が立て続けに卒業を発表したばかり。そんな状況にあるため、インタビューの最後に、『まあわからないですけどね。ちょっと気分が変わるかもしれない』と付け足しはしたものの、齋藤のコメントに安堵させられたようですね」(芸能関係者)

 齋藤は今年8月に20歳になったばかりとまだ若いため、ファンの間では「これで乃木坂46は、今後10年は安泰」と安心の声が広まっているようだ。

「乃木坂46が結成された2011年当時、齋藤は和田まあやとともにグループ最年少の13歳でした。当時から美少女ぶりは際立っていたものの、16年6月発売の15thシングル『裸足でSummer』(N46Div.)で初センターに抜擢されるまでは、選抜メンバー漏れを経験することもしばしば。ファンの間では、『なぜ?』『宝の持ち腐れ』などと不満の声が飛び交う時期もありました。しかし、苦労を重ねたことで乃木坂46への愛着心が湧き、毒舌Sキャラながらもファン想いなアイドルへと成長。お姉さんメンバーが次々と卒業していく中、次世代を担うエースとして活躍しているため、『運営の育成法は間違ってなかった』と称賛する声も集まっているようです」(同)

 グループ結成当時19歳だった白石麻衣は、来月リリース予定の新曲でもフロントポジションを任されるなど、26歳になった現在も絶対的エースとして君臨。近い将来、齋藤がそのバトンを受け継ぎ、新たな時代を築き上げていくことになるのだろう。

最終更新:2018/10/10 12:00
こんな記事も読まれています

齋藤飛鳥、「とりあえず10年は乃木坂46にいたい」発言でファン安堵 運営の育成力に称賛の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真