日刊サイゾー トップ > 芸能  > 有吉もマネできない”紳助パワハラ事件簿”

東京03以外にも!? 有吉弘行のパロディで再注目! 今なら“一発退場”「島田紳助パワハラ事件簿」

 ついに“傷害事件”となったのは04年。『クイズ!紳助くん』の収録前に、吉本興業所属の勝谷誠彦の女性マネジャー(当時40歳)の口のきき方が気に入らないと逆上し、髪をつかんで壁に頭を打ちつけ、殴った上に、顔に唾を吐きかけるなどの暴行を加えたとして、書類送検されたのだ。罰金30万円の略式命令が下され、紳助は約2カ月間、芸能活動を自粛。

「被害女性との裁判は長期化し、和解が成立したのは7年後の11年。和解の具体的な内容については明かされていませんが、数千万円の和解金が支払われたといううわさもありましたね」(同)

 こう見ると、いずれも自分よりもはるかに立場の弱い者へのパワハラそのもので、その卑劣さと悪質性にあらためて驚かされる。

「経営が苦しい吉本の大崎洋社長は、そんな紳助を復帰させたいと、同期の親友、明石家さんまとともに調整を行ってきましたが、本人にその気がなく、最近、これを完全にあきらめたといわれています。ただ、復帰させたかったのは彼らだけで、特に若手芸人や他の社員からは復帰を望む声はほとんどありませんでした。そのときの気分次第でブチ切れて暴行を働く紳助との仕事は、いらぬ気遣いとプレッシャーがかかりますからね」(同)

 もし戻ってきても、有吉もネタにできないほど悪質なパワハラ過去がほじくり返され、またすぐ退場となるような気がする……。

最終更新:2018/10/11 09:51
12

東京03以外にも!? 有吉弘行のパロディで再注目! 今なら“一発退場”「島田紳助パワハラ事件簿」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

コント番組が乱立、区別つかず!? 

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真