日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 有吉もマネできない”紳助パワハラ事件簿”

東京03以外にも!? 有吉弘行のパロディで再注目! 今なら“一発退場”「島田紳助パワハラ事件簿」

島田紳助

 10月6日に放送された『オールスター後夜祭』(TBS系)で司会を務めた有吉弘行が、『キングオブコント2018』で優勝したトリオ芸人・ハナコにつかみかかるシーンが何かと話題になっている。

「あれは2009年の同番組で、直前の『キングオブコント』で優勝した東京03を島田紳助が恫喝したシーンのパロディ。ハナコも東京03と同じ3人組だったこともあり、有吉がコントを仕掛けたわけです。ハナコに迫る有吉を止めに入った周囲の芸人からは、『あいさつしないと』という声が聞こえてきました」(テレビ雑誌記者)

 紳助が東京03にブチ切れた理由は、彼らが番組収録前にあいさつしなかったからだった。

「『キングオブコント』の優勝を踏まえ、台本上、紳助との絡みが用意されていたにもかかわらず、本番前のあいさつがなかったことにブチ切れたんです。シルク・ド・ソレイユのパフォーマンス中で、パネラー席の照明が落ちていた中、紳助が東京03に突進。飯塚悟志の胸ぐらをつかんで顔面を殴打。東京03は、本番前にあいさつしようと紳助の楽屋を訪ねたそうですが、出演者や関係者の行列に、“俺たちなんかがあいさつに時間をとらせては失礼じゃないか”とあきらめて本番に突入してしまった、というのが事の真相。本番終了後、3人は紳助の楽屋を訪れて土下座で謝罪したそうです」(お笑い関係者)

 当時の紳助は人気番組をいくつも抱え、“テレビ界の帝王”として君臨していた絶頂期。立派な暴行事件であるにもかかわらず、紳助にこれといったお咎めもなかったが、パワハラ問題に何かと過敏な現在であれば、もっと大きな騒動になっていた可能性は高い。

「紳助は1994年、『クイズ!紳助くん』(朝日放送)の収録中にフロアディレクターを大声でしかりつけた上、殴りかかり、あの西川きよしに『いかなる場合も暴力はいけない』と説教を食らっています。01年には『太っ腹!紳助ファンど』(関西テレビ)の収録中、麒麟の田村裕が撮ってきたふがいなVTRに腹を立て、観覧のお客さんの前で田村の髪をつかんで引きずりまわし、殴る蹴るの暴行を加えたことが報じられました。当時、吉本もこの事実を認めていますが、いずれも立場の弱い被害者たちが泣き寝入りしたことで、事件化することはありませんでした」(同前)

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真