日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能人のドン引き“モラハラ”エピ

魔裟斗以外にも……芸能界には結構いる!? ドン引きモラハラ芸能人エピソード

松岡修造オフィシャルWEBサイトより

 格闘家の魔裟斗が10月2日放送の『明日は我がミーティング』(TBS系)で亭主関白ぶりを明かし、話題となっている。

 魔裟斗・矢沢心夫妻といえば”おしどり夫婦”という印象があるが、番組では魔裟斗が矢沢に強いているルールが明かされ、共演者をドン引きさせた。晩酌時のつまみは5品以上、飲む1時間半前には缶ビールを冷凍庫に入れておく。朝食は東京・自由が丘の決まった店のパンしか食べないため、矢沢が毎朝自転車で20分かけて買いに行くという驚きのもの。さらに、朝からヒップホップを大音量で流したり、夜中の2時に寝ている矢沢を起こすなど、迷惑としか思えない行為を行っていることが明かされた。しかし、共演者が驚がくして矢沢に同情するも、魔裟斗は「男と女の役割分担がある」と開き直る態度を見せていたのだった。

 この放送直後、ネット上では「えー魔裟斗好きだったのになんだか幻滅」「モラハラでしょ? 子育てもあるだろうから寝れる時に寝かしてあげなよ」「自分のパンぐらい自分で買いに行け」「すごい好印象夫婦だったのに、なんで墓穴掘るような暴露しちゃったんだろう」と、魔裟斗にガッカリしたという声が続出していた。

「矢沢さんが第3子妊娠中というのもあり、身重の妻に毎朝パンを買いに行かせているというのは衝撃でしたね。バラエティ番組なので多少話を盛っているのかもしれませんが、視聴者は真剣に受け取ってしまうもの。イメージダウンは避けられません」(テレビ局関係者)

 この魔裟斗の「男と女の役割分担がある」と同じような考えで、「九州では当たり前」と自身の亭主関白を悪いと思っていないのが、お笑いコンビ博多華丸・大吉のツッコミ担当・博多大吉だ。大吉といえば、優しそうな雰囲気、端正な顔立ち、182cmの高身長で、女性人気が高い人物。私生活では12年間下積み生活を支えてきたという2歳年下の一般人の女性と結婚しているが、その妻への亭主関白ぶりは芸能界でも有名だという。

「大吉さんがお風呂に入るときは、奥さんが必ずバスタオルと着替えを準備。さらに風呂上がりは、奥さんが体を拭かなければならないそうです。また、朝に大吉さんを起こすのも奥さんの仕事だそうで、早朝ロケの時も奥さんに起こしてもらっているとか」(芸能事務所関係者)

 また、元テニスプレイヤーの松岡修造の亭主関白ぶりも、すさまじいものがあるとか。松岡の妻といえば元アナウンサーだが、肉の焼き方や身だしなみについて、かなりうるさいのだという。

「松岡さんは結婚後も“スッピン禁止”を強いているそうで、奥さんは毎朝フルメイク状態らしいです。また、“料理は絶対出来立て”がルールだそうで、奥さんは肉も1枚1枚焼き、その都度、松岡さんのお皿に置いているそう。また、機嫌が悪いと奥さんに嫌味をいい、それを『ストレス解消だ』と人に言っているらしいですから……。とても人格者とは言えませんよね」(テレビ局関係者)

 いくら稼ぎがよくてイケメンでも、度がすぎる“亭主関白夫”はいただけない!?

最終更新:2018/10/15 10:01
こんな記事も読まれています

魔裟斗以外にも……芸能界には結構いる!? ドン引きモラハラ芸能人エピソードのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

 サイコーに熱い映画が、福岡からやってきた! 例えるなら、福岡県民のソウルフードであ...
写真