日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ホリケンのテレビ評が的確すぎ

“ホリケンワールド”封印! TVウォッチャー・堀内健が放つテレビ評がクールでクレバー

AbemaTV『堀内健のテレビを観るTV』

 10月7日、AbemaTVで『堀内健のテレビを観るTV』が放送された。これは、ネプチューンの堀内健が、その時間にやっているNHKと民放全局の番組を視聴しながら生解説&実況するというプログラムである。

 テレビをつけて好き勝手にツイートしながら楽しむ視聴法、やったことがある人も多いと思う。番組の進行と並走してタイムラグなしに発信するため、推敲の余裕はほとんどなし。フレッシュな意見をダイレクトに放出するからこそ、隙だらけな持論は魅力的だったり、もしくは妙に過激だったりする。

 シチュエーション的に、上記の視聴法と今回の番組はほとんど同じ。放送中のテレビと並走してのうかつな発言を、ホリケンにも期待したいところだが……。

 ちなみにこの番組が放送された日曜23時台には、日本テレビで『おしゃれイズム』と『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』が、TBSで『林先生が驚く初耳学!』が、フジテレビで『Mr.サンデー』が、テレビ朝日では『関ジャム 完全燃SHOW』が放送されていた。

■ホリケンワールド没入中は恍惚としている

 結論から言うと、この日のホリケンは隙を見せなかった。天真爛漫なイメージがあるが、普段のホリケンは意外にクールでクレバーだと一部で知られている。気をつけていたわけではなく、素で突拍子もない発言を放つタイプではないのかもしれない。

 とはいえ、だんまりを決め込んだわけではない。冷静なテンションで、ナチュラルに本音がこぼれ落ちた。例えば、『しゃべくり007』(日本テレビ系)でホリケンワールドなギャグをゲストへむちゃ振りし、ちょっとした地獄を見せる流れを彼は頻発させる。これには、ちゃんとした理由があるらしい。

「自分が(ギャグを)やってちょっとウケたりすると、確実に(放送で)使われるやり方として同じことをゲストにやらせるとか。そうすると、振りの部分で使われたりするから。そういうこと考えちゃうんだよ。むちゃ振りって感じで映ってるかもしれないけど、自分が映りたいからやらせてるだけなんだよね」

 また、当日は『ガキの使い~』で「みんなで変われば怖くない! 時短でミニ変化!」なる企画が行われていた。これは、7つのネタをやるのは苦しいが1ネタなら笑いが取れるのでは? という芸人7名が集結、それぞれが渾身の一変化を披露するという内容だ。要するに、同番組恒例“七変化企画”の派生版。そういえば、七変化のほうにホリケンは出演したことがある。もちろん、スベるネタもあればウケるネタもあるだろう。我々が知りたいのは、スベッた時にどう対処するか? ということ。特にホリケンは、独特の世界観ゆえ暴走する瞬間が少なくない。周囲と乖離しても意に介さない強心臓は、どこから来るのだろうか?

「その世界に入り込んでる時は、ドンドン気持ち良くなってくるんだよね。ワケわかんない世界を自分が作ってるみたいな。だけど、ちょっと恥ずかしかったりっていう意識が働くと、すごい嫌だ。汗がバーッて出てくる。(ギャグを)やめて、顔引きつりながら下がっていくね。よくあるよ、俺。結構、収録だから編集で助けられてるかもしれない。手数は多いから」


12

“ホリケンワールド”封印! TVウォッチャー・堀内健が放つテレビ評がクールでクレバーのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真