日刊サイゾー トップ > 芸能  > 明石家さんまの“老害化”が加速!?

明石家さんま、芸能界引退後は“吉本の講師”に!? 「ガチの老害になりそう…」と心配の声

「吉本興業」公式サイトより

 明石家さんまが、芸能界引退後のプランについて“吉本興業の講師”をピックアップ。“お笑いビッグ3”、“お笑い怪獣”と持て囃されているさんまだが、「ガチの老害になりそう……」と心配する声が上がっている。

 さんまが引退後のプランを明かしたのは、10月10日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)。番組では、出演者と食事を楽しみながら、老後についてのトークを展開していった。

 さんまは「人生設計を組み立て直そうとしてる」と明かし、「仕事のペースを変えようとか、老後の趣味を3つ増やさないとあかんとか」と告白。出演者から「趣味だけじゃ頭がよく回らない。仕事が少し残ってないといけない」とアドバイスを受けると、「吉本の講師やろう」とコメントして笑いを誘っていた。

「さんまのプランを聞いたブラックマヨネーズ・小杉竜一は、『生徒めちゃくちゃ辞めると思うけど!』と発言。さんまが『基本から教えたらええんやろ?』と返すと、小杉は『養成所で「なんでや」ってあの顔で言われたらみんな辞めると思いますよ』と予想していました。かねてより、さんまが“お笑いのセオリー”を後輩に押しつける姿は、世間からも不評。『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)はカメラが回っている時にダメ出しするのが恒例ですが、視聴者からは『さんまの老害アドバイスが見ててキツいときある』『セオリーに沿った、お決まり的なノリが寒すぎて無理』『「裸の王様になってる」って誰か言ってやれよ』といった声が上がっています」(芸能ライター)

「好きなお笑い芸人ランキング」では、常に上位を獲得するさんま。お笑いビッグ3では唯一バラエティにこだわり続けているが、最近では時代に合わない発言が目立ってきている。

「今年8月放送の『ホンマでっか!? TV』では、“バイキングで取った食べ物は残していい”との自論を展開して批判が殺到しました。また昨年5月放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、妊娠中の出演者を紹介した後に離婚直後の小倉優子へ『(妊娠が)うらやましいか、ゆうこりんは』と発言。このコメントには視聴者から『公開パワハラ、公開セクハラ以外の何者でもない』と大ブーイングが。さらに今年5月放送の『さんま&女芸人お泊まり会』(フジテレビ系)で『加藤綾子アナと付き合ってるって本当?』と質問され、『付き合いたいし、抱きたい』と回答。こちらのコメントも『普通にセクハラだよね』『なんで自分が選べる前提?』と批判を招いていました」(同)

 以前は「60歳で引退する」と発言していたさんま。今年7月で63歳になったが、今後はどのような身の振り方をしていくのだろうか。

最終更新:2018/10/12 23:00
こんな記事も読まれています

明石家さんま、芸能界引退後は“吉本の講師”に!? 「ガチの老害になりそう…」と心配の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

ほどほどYouTuberに聞く

「歩くたびにおっぱいが大きくなる靴」「社会人のための会社を休む理由をランダムで生成す...
写真