日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 運命が動き出す『黄昏流星群』第1話

人生の折り返し点に立った男女が織りなす物語が始まる――佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』第1話

 しかし、スイスに着くも天候が悪く、お目当てのマッターホルンを見ることもできない。

「運命の冷酷さにふと逆らってみたくなった」

 そんな思いから、彼は悪天候の中、ロープウェイに乗り込む。

 発車のベルが鳴り終わる間際、一人の日本人女性が乗り込んでくる。それが運命の相手・目黒栞(黒木瞳)だった。

 二人が乗ったゴンドラ、それこそが、人生の象徴のようだ。先が見えない、終点まで行っても美しい景色が見られとは限らない。それでもただ、そこに向かってみたい。それが年を重ねていく人の「運命に逆らう」という思いなのだろう。

 結局、山の上は吹雪ですぐに引き返すことになる。しかし、そこで二人は意気投合し、ホテルで夕食を共にする。栞は完治に言う「荷物を下ろしにきたのか」。

 仕事に追われ、気づけばいろんなものを背負っていた。出向の宣告をきっかけに、その荷物を下ろしたくなった。その気持を栞が感じ取ったのだろう。栞の言葉で心が軽くなった完治は、今の状況を正直に話す。家族にも言えないことを口にできたのだ。

 その後、完治は栞を部屋に誘い、関係を迫るが、栞に拒まれてしまう。翌朝、栞は、完治に何も言わずホテルを出ていく。もう一度会いたいと願う完治であったが、それは叶わなかった。

 家族に仕事だと嘘をついてスイスに行っていた完治は、銀行からの電話で妻と娘にそれがバレてしまう。浮気ではないかと疑う2人。家族の間にも隙間ができつつあった。

 日本に戻った完治は、出向先である荻野倉庫を見に行く。そこの社員食堂で働いていたのは、スイスで会った栞であった。再会した二人は、改めてお互い名乗り合う。新しい物語が始まるのだ。

 人生の折り返し点、そこから見える景色は、決して明るいものではない。老いていく体、薄れていく情熱、その果てには茫漠とした死が横たわっている。でも、だからこそその中に、輝く流星のような美しさを探してみたくなるのだ。

 結局私は会社を辞め、フリーでライターなどの仕事をするようになった。一流銀行のエリートであった完治とは比ぶべくもないが、同じ時代を生き、同じように人生の後半を見つめている身としては、どこか共感する部分があったりするのである。

 過ぎていく年齢に抗うつもりはない。ただ、人生の最後の時期、空に輝く流星のように、光ることはできないだろうか。そんな思いが心によぎる。

 完治、真璃子、そして栞。主人公は出揃った。三人の迎えた人生の先に、新しい物語は、どのように広がっていくのだろうか。

(文=プレヤード)

最終更新:2018/10/12 20:00
12

人生の折り返し点に立った男女が織りなす物語が始まる――佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』第1話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

『SUITS/スーツ』低視聴率ながら第3弾実現へ!?

 今年4月から放送されてきた俳優・織田裕二主...…
写真
インタビュー

想田和弘監督、妻も仰天発言

『精神』『選挙』など、一切のナレーションやテロップを排したドキュメンタリーである「観...
写真