日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大宮エリー、画家としての評判は? 

おぎやはぎ・小木は大絶賛! “おちんちんシール”大宮エリー、画家としての本当の評判は? 

大宮エリーインスタグラムより(以下同)

 おぎやはぎの小木博明が、11日放送のTBSラジオ『おぎやはぎのメガネびいき』で“画家”大宮エリーを絶賛し、話題になっている。

 以前から大宮と親交のある小木は「最近、大宮エリーと話したんだけど、あいつ、いつの間にか画家になってんの」「すごいのよ。ものすごい人から評価されて。結構な額で売れるような」と発言。さらに、「水彩画みたいなんだけど、鳥とか葉っぱ描いてて。色合いがいい」「自分の力強い感覚が出てるいい絵」と絶賛していた。

 大宮といえば、東大卒業後、電通に入社。CMプランナーとして活躍後、独立して映画『海でのはなし。』で監督デビューした。さらに舞台の作演出、テレビの脚本、作家、ラジオパーソナリティーなど、多方面で活躍。絵を描くようになったのは2013年、現代美術を扱う「小山登美夫ギャラリー」の小山氏からの依頼がきっかけだったという。それまで、学校の美術の時間くらいしか絵を描いた経験がなかった大宮だが、「これも何か“ドア”が開くことなのかもしれない」と思い、ライブペインティングにもチャレンジ。以降、15年の初の絵画展「emotional journey」を皮切りに定期的に個展を行っている。

 しかし、独創的な作風ゆえ、アンチも少なくない。大宮は昨年、松居一代と船越英一郎の泥沼不倫騒動の際、松居から「船越の不倫相手」と名指しされ、大宮が船越に送った手紙と“おちんちんシール”なるものが注目を集めた。確かにそのシールのイラストも、一見、子どもの落書きにしか見えないものだった。これについて、美術誌のライターはこう語る。

「小木さんが言うように、配色や大胆な構図は大宮さんの持ち味。プロの方々からは、“絵を始めて間もないのに、こんなにダイナミックな絵が描けるものなのか”という驚きの声が多いですね。脚本にしろ、本にしろ、大宮さんは感性の人なので、彼女が描く絵からは、絵画を学んだ人ではないからこそ描ける自由さと、ほとばしるパッションがひしひしと伝わってきます。現代美術は好き嫌いが分かれますし、一般人がそう簡単に理解できるものではないですから、大宮さんとしても、“伝わる人に伝わればいい”という感じでしょう」

 大宮にとって絵を描くということは「私が自然からもらったエネルギーをそのまま目に見える形にすること」「言葉にならない何か、言葉では伝えられない何かを、伝える手段」だといい、実際、彼女の絵に出会って、その場で自然と涙してしまう人も少なくないという。これからも、その感性で見る人を元気づけてほしいものだ。

最終更新:2018/10/16 21:00
こんな記事も読まれています

おぎやはぎ・小木は大絶賛! “おちんちんシール”大宮エリー、画家としての本当の評判は? のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今...
写真