日刊サイゾー トップ > 社会  > 築地市場解体でネズミ大量拡散の恐怖

築地市場解体で銀座・晴海が地獄絵図に!? ネズミ、ゴキブリ大量拡散の恐怖

築地市場(※画像はイメージ)

 反対派の問題提起や強硬な態度などもあって、2年遅れて東京都が整備した新しい中央卸売市場「豊洲市場」(東京都江東区)が10月11日にようやく開場した。ネズミやゴキブリが密集し、衛生面で劣悪な環境にあった、これまで80年の歴史がある築地市場(中央区)は、解体工事が開始。重機が乗り入れ、建物屋根部分を取り除く作業が始まっている。

 解体することで問題視されているのが、寝床とエサ場を失ったネズミやゴキブリたちの拡散だ。

「特にやっかいなのはネズミです。築地市場に生息しているネズミの数は2~3万匹程度と推測されています。築地市場が閉鎖されることで、そのネズミたちの食料がなくなり、エサを求めて周辺の繁華街・銀座の飲食店、有名企業のオフィスビル、さらに晴海や勝どきにある高層マンションにまで広がってしまうことが懸念されています」(経済紙デスク)

 東京都は今年度の市場関係者がいない連休期間中に粘着シートや殺鼠剤、捕獲かごを使って駆除を進め、これまでにネズミ対策に約3,500万円を投じてきた。しかしこれも焼け石に水だという。

「築地市場周辺では最近、天敵の野良猫さえも太刀打ちできない、超巨大なドブネズミが頻繁に目撃されています。すでに築地にいたネズミが夜の間に周辺に逃げ出し、生息範囲が広がっているといわれています。エサが激減して築地市場から逃げた巨大ネズミが、銀座や湾岸地域のビルやマンション内に架線されている配電線をかじり、火災を引き起こさないか心配されています。また、大量の菌を保持していることから、人や動物に媒介して、病気を蔓延させることも懸念されています」(前出の経済紙デスク)

 いまや繁華街で頻繁に出没するネズミ。地球温暖化の影響もあって繁殖のペースを上げているといわれている。大きな問題となる前に築地市場から逃走した大量のネズミの駆除が急がれる。

最終更新:2018/10/17 16:00
こんな記事も読まれています

築地市場解体で銀座・晴海が地獄絵図に!? ネズミ、ゴキブリ大量拡散の恐怖のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真