日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレ東がまた新ジャンル開拓

テレ東がまた新ジャンル開拓!「コンテナ船同乗」はブレークするか!?

テレビ東京『日曜ビッグバラエティ』

 終電を逃した人に、「タクシー代を払うから、家について行っていいですか?」と尋ねる『家、ついて行ってイイですか?』や、池の水を全部抜いて、どんなものが出てくるかを探る『池の水ぜんぶ抜く』など、他の追随を許さない企画で勝負するテレビ東京が、「コンテナ船に同乗する」という新たなジャンルを開拓。関係者から、がぜん注目を集めている。

 話題となっているのは、10月7日に放送された『巨大コンテナ船に乗せてもらいました!』だ。その内容は、日本からヨーロッパに行くコンテナ船に取材班が40日間同乗・密着し、普段知ることのないコンテナ船について紹介するもの。テレビ情報誌の記者が語る。

「番組では、コンテナ船での生活、船長や乗組員の仕事、荷の積み下ろしの様子、緊迫する海賊対策など、コンテナ船の仕事や乗組員の生活が、あらゆる面から紹介されました。当日は、どの局も番組改編期のスペシャル番組を放送しており、日テレは『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』『行列のできる法律相談所』の合併番組、テレ朝は松嶋菜々子主演の2時間ドラマ『誘拐法廷~セブンデイズ~』と、裏番組はいずれも強力でしたが、ネットで最も話題になったのはこの番組でした。『とりあえず見始めて、最後まで見てしまった』という人が多かったようですね」

 これまでも独自路線で視聴者の注目を集めてきたテレ東にとって、“コンテナ同乗”は、まさに面目躍如といった雰囲気の番組。こうなると、動きだすのは他局の関係者だ。

「移り気な視聴者が多い昨今のテレビ界で、2時間以上視聴者をテレビの前に座らせるコンテンツはなかなかありません。そんな中、テレ東のコンテナ密着番組は、テレビ関係者の間でも『面白かった』と、ひとしきり話題になりました。番組制作側からすれば、密着モノは面白い画が撮れる半面、事故やトラブルでお蔵入りのリスクがあるので、どうしても尻込みしてしまいがちですが、今回の番組でイケそうだということがわかりました。

 近年は新たな冒険をする番組がすっかり減って、散歩モノ、来日外国人や海外にいる日本人への密着、マグロ漁師密着、路線バスの旅など、二匹目のドジョウを狙うようなものばかりです。コンテナ番組も、テレ東が第2弾をやるか、他局がパクるかの競争になるんじゃないですか」(フリーの番組制作スタッフ)

 テレ東はコンテナ船に乗っかったが、今度は他局がテレ東のネタに乗っかることになるのだろうか?

最終更新:2018/10/18 18:00
こんな記事も読まれています

テレ東がまた新ジャンル開拓!「コンテナ船同乗」はブレークするか!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

ゆるふわ系殺し屋マンガ2選

『ゴルゴ13』『シティーハンター』『クライン...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真