日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「元アイドル」の肩書が女優の足枷に

川栄李奈や真野恵里菜の成功は“超レアケース”……女優の足かせとなる「元アイドル」という肩書

川栄李奈 公式インスタグラム(@rina_kawaei official)より

 今や売れっ子女優の仲間入りを果たした、元AKB48の川栄李奈。この10月には初の主演映画『恋のしずく』が公開、さらに来年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』への出演も決定するなど、まさに絶好調だ。しかし、そんな川栄に最近、ちょっとした変化があったという。マスコミ関係者はこう話す。

「メディアに出る時に、“元AKB48”という肩書を極力使わないようにしているみたいです。少なくとも自分からは、AKB48というワードを出さないと思いますよ」

 AKB48ではおバカキャラとして人気となり、卒業後はそのキャラを封印し、女優一本で進んでいる川栄。AKB48時代は、黒歴史なのだろうか?

「本人が絶対NGにしているわけではありませんが、女優として活動するにあたって、“元AKB48”という肩書はマイナスとなってしまうようです。ドラマや映画のスタッフの中には、“元アイドル”を異常に冷遇する人もいますからね」(同)

 確かに芸能界では、元アイドルの女優は大成しづらいというジンクスがある。テレビ局関係者は、こう話す。

「“元アイドル”をダシにオファーが来るケースもありますが、逆にオーディションなどでは不利になる場合も。NHKの朝ドラは、特に元アイドルに厳しい。それこそ川栄や元ハロプロの真野恵里菜、元ももいろクローバーの早見あかりなどは、元アイドルということもあって、朝ドラヒロインにはなれなかったというのが定説。有名なアイドルグループの元メンバーほど、はじかれやすいともいわれています」

 そういう意味では、「乙女新党」のメンバーとしてアイドル活動をしていた葵わかなが『わろてんか』のヒロインに選ばれたのは、グループがそこまで有名ではなかったからなのかもしれない。

「有名グループの元メンバーが主演になると、どうしても作品がそのグループのイメージになりやすい。結果的に作品自体が“宣伝”みたいな雰囲気になってしまうから、それを避けたがるスタッフも多いのです。NHKはもちろんですし、民放ではスポンサーが嫌がるケースもあるでしょう。余計なイメージが、足を引っ張るんですよね」(同)

 元アイドルという足かせをはめたまま、女優としてブレークした川栄や真野は、数少ない成功例。その肩書をあえて使わないというスタンスこそ、逆に理にかなっているかもしれない。

最終更新:2018/10/19 08:00

川栄李奈や真野恵里菜の成功は“超レアケース”……女優の足かせとなる「元アイドル」という肩書のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真