日刊サイゾー トップ > 芸能  > V6三宅、熱愛は「滝沢シフト」の象徴

V6・三宅健“熱愛解禁”は、完全なる「ジャニーズ滝沢シフト」の象徴か?

V6・三宅健

 V6の三宅健に熱愛報道が出ている。「FRIDAY」(講談社)が報じたもので、年下の美人ハーフモデルと半同棲生活を送っているようだ。三宅は1979年生まれの39歳。来年40歳を迎えるだけに結婚も近いかとささやかれている。

 仮に三宅が結婚となれば、V6はメンバー6人中5人が既婚者となる。もはや有名無実化しているとはいえ、ジャニーズのアイドルグループに存在としたといわれる「1グループ内に既婚者は一人まで」ルールは完全に崩壊する形だ。

 ジャニーズ事務所は、先ごろタッキー&翼の解散に伴う今井翼の事務所退所と、滝沢秀明の芸能界引退、裏方への転身が報じられたばかりである。ここへきての三宅の熱愛報道は、事務所の滝沢シフトの現れといえるかもしれない。

「三宅は滝沢と並んで、ジャニース事務所の将来を担う人材として期待されていたといえます。背がそれほど高くなく中性的な魅力を持つルックスは、ジャニー喜多川社長の好みに合致していました。三宅は滝沢とともにユニット『KEN☆Tackey』を結成し話題となっていましたが、このプロジェクトも立ち消えとなってしまいそうですね」(芸能ライター)

 そこで気になるのはV6の今後であろう。三宅以外のメンバー独身者は71年生まれ47歳の“リーダー”坂本昌行のみ。ほかのメンバーは井ノ原快彦は瀬戸朝香、長野博は白石美帆、森田剛は宮沢りえ、岡田准一は宮崎あおいと、いずれも芸能人と結婚。三宅の相手のハーフモデルもCM出演などを果たしており芸能人に数えられる。メンバーのほとんどが芸能人と結婚しているアイドルグループは、さすがに無理があるのではないか。

「V6はもともと1995年の『バレーボールワールドカップ』の応援団として結成されました。メンバー間の年齢差も大きく、急ごしらえのグループだったといえます。さらにジャニーズ事務所は2020年の東京オリンピック、パラリンピックへ向けて40人規模のグループ『2020』(通称トニトニ)の構想もあります。同じスポーツ関係のグループとしてキャラがかぶってしまうため、その前にV6解散といったシナリオも想定されますね」(同)

 もちろんその先には滝沢秀明主導による、新世代のジャニーズ事務所の姿が描かれているのだろう。今後の展開に注目したい。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/10/21 10:00
こんな記事も読まれています

V6・三宅健“熱愛解禁”は、完全なる「ジャニーズ滝沢シフト」の象徴か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニー氏逝去をめぐる情報操作

 7月9日23時半、テレビやスポーツ紙 の ...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)敗者復活戦。「よいしょ、うぃー」で...…
写真