日刊サイゾー トップ > 芸能  > 俳優業に飽きてしまった佐藤健

佐藤健が俳優業に限界!? 「飽きません?」発言に“勘違いしすぎ”と批判の声

『億男』 オフィシャルサイトより

 10月21日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に佐藤健が出演。放送内での発言に、「勘違いしすぎ」と批判の声が上がってしまった。

 この日の番組に登場したのは、佐藤、高橋一生、川村元気の3人。佐藤と高橋は映画『億男』のメインキャストで、川村は同作の原作小説を手掛けている。そんな3人の対談で、佐藤は「俳優ってたどり着く先がないじゃないですか。だから何をモチベーションにこの先続けていくのかって思いません?」と質問。これに高橋は、「こないだご一緒した年配の俳優さんが、“ほんと好奇心って全てに勝るよね”って。“愛も何もかも恋愛も何でも仕事でも好奇心だよね”って言われて」と語った。

 高橋の語った好奇心論に、川村は「めちゃくちゃわかるね」と賛同。しかし佐藤は「飽きません?」と投げかけ、「飽きてる訳でもないし、まだ道半ばなのは重々承知ですが、ちょっと限界を感じてきているかもしれないです」「オファーをいただいて、そのオファー面白そうだなってものに乗っかって、そこに人生捧げてやるっていう“ローテーション”に限界を感じてきたってのは正直あります」と吐露している。

「その後も佐藤は、『もしかしたらプロデュースワークもしつつ何かに入るとか、全く全然違うことを初めて見るとかしないと、ちょっとそろそろ先に進めないな…… ってことは思いますね』と将来の展望を語っていました。どうやら俳優として演技をこなしていくだけの活動に不安を抱いている様子。しかしネット上では、『俳優としてはおっさんになっていくこれからが頑張りどころなのに勘違いしてない?』『オファーがくるだけありがたいと思うべき』『売れっ子ならではの贅沢な悩みだな……』といった声が寄せられています」(芸能ライター)

「飽きません?」という話題の振り方が悪かったのかもしれないが、好感度俳優の佐藤が批判される事態に。一方で「有望な若手俳優がどんどん出てきているから焦ってるのかな?」とも指摘されていた。

「山崎賢人や福士蒼汰、菅田将暉など、近年はイケメンで演技力のある俳優が続々と頭角を現してきた印象です。そのため世間からは、『もう佐藤健が“格好いい男性”の役をやるのは限界があるかも。身長低いし』といった厳しい意見が。とはいえ最近は『義母と娘のブルース』(TBS系)で見せたような“三枚目”の役どころも好評。歳を重ねると共に“新境地”を開拓していってくれると良いのですが……」(同)

 10月19日に公開された新作映画『億男』ではどのような演技をしているのか、現在の“俳優・佐藤健”にも注目したい。

最終更新:2018/10/22 16:30
こんな記事も読まれています

佐藤健が俳優業に限界!? 「飽きません?」発言に“勘違いしすぎ”と批判の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真