日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『まんぷく』絶好調も心配の声続出

安藤サクラ『まんぷく』絶好調も、NHK局内から“心配の声”続出のワケ

NHK連続テレビ小説『まんぷく』番組サイトより

 女優の安藤サクラがヒロインを務める朝の連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)が絶好調だ。

 10月1日に第1話が放送され、過去10年間で最も高い初回平均視聴率となる23.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をいきなりマークし、業界を驚かせると、その後も20%前後をキープしている。

 安藤は、世界で初めてインスタントラーメンを開発した日清食品創業者・安藤百福氏の妻・仁子さんをモデルにした福子役で、戦後の混乱期の大阪をたくましく生きる姿を演じている。

 百福をモデルにした萬平役には、俳優の長谷川博巳を迎え、さらに松下奈緒、松坂慶子、松井玲奈といった名女優陣が脇を固め、2週目にして亡くなってしまった福子の姉・咲を熱演した内田有紀には称賛の声が殺到している。ナレーションは女優の芦田愛菜が担当、主題歌はDREAMS COME TRUEが務めるなど、豪華な布陣で挑んでいる。

「シナリオづくりが非常に巧妙で、初回放送直後からヤマ場をつくり、視聴者を一気に引き込みました。また、安藤サクラが完璧に役に入り込んでおり、過剰なほどの大袈裟な演技もわかりやすくウケているようです」(テレビ局関係者)

 一方でNHK局内からは、心配の声も上がっているという。

「来年4月にスタートする『まんぷく』の次のクールは、NHK連続テレビ小説100作目に当たる記念のドラマ。そちらは、絶対コケられません。局内でも100作目に相当な予算と力を入れるようです。もし、このまま『まんぷく』が絶好調だと、視聴率面などで比較されてしまいます。NHK局内からは『まんぷくよりも100作目の方が視聴率が悪かったらどうするんだ』といった声も聞かれ、早くも担当者にプレッシャーがかかっているようです」(同)

 その100作目となる来クールの朝ドラ『なつぞら』の主演は、女優・広瀬すずが務める。『まんぷく』が視聴率を伸ばしていることで、広瀬にも過大な重圧がかからなければよいが……。

最終更新:2018/10/23 22:30
こんな記事も読まれています

安藤サクラ『まんぷく』絶好調も、NHK局内から“心配の声”続出のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

 数年間に及ぶ殺害予告を始めとした“ネット炎上”に巻き込まれるも、自ら公に立って情報...
写真