日刊サイゾー トップ > 芸能  > 前澤氏のaikoへのエールに批判殺到

ライブ途中声が出なくなったaikoへZOZO前澤友作氏がエール送るも、「失礼すぎる」と批判の的に

前澤友作公式Instagramより

 歌手のaikoが、10月22日に行われた全国ツアー『Love Like Pop vol.20』の神戸公演途中に喉を痛め、声が出なくなったことを、ライブ後、自身のTwitterで謝罪した。

 弾き語り演奏時に突然、声がかすれ始めたというaikoは「今日は本当にごめんなさい。途中から声が枯れてしまい歌えなくなってしまいました」と謝罪。続けて「わざわざチケットを買って観に来てくれたみなさんに申し訳ないのと私も悔しくて死にそうです。…アホかぼけ、全部お前のせいやろ、と何度も自分に言っています」と苦しい胸の内を明かし、振り替え公演を行うことを約束した。

 そんなaikoへファンからは「今はゆっくり休んでまた元気なaikoに戻ってね」「みんなaikoに無理して欲しくないと思ってるよ〜」など励ましの声がリプライされていた。

 そんな中、剛力彩芽との交際が話題のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOの代表取締役社長・前澤友作氏からもリプライが。「ゆっくり休んでまたいい歌聞かせてください。もうすぐ43歳なんだから無理せずに 同じ誕生日のZOZOおじさんより」というメッセージが送られ、aikoは「前澤さんありがとうございます!死ぬ気で治します!!」と返信していた。

 同じ誕生日というつながりでの何気ないやりとりなのだが、これに対し、ネット上では前澤氏へ批判の声が上がっていたという。

「aikoさんを励ますメッセージを送ったまではよかったんですが、内容に問題が……。わざわざ『もうすぐ43歳なんだから』と年齢を言う必要はないと思った人たちが多くいたようで、前澤さんのメッセージのリプライには『女性に対して、年齢言う必要あります?』『同じ誕生日とだけ言えばよかったのでは?』との声が寄せられ、ネットでも『デリカシーがない』と批判の的となっていました」(芸能ライター)

 先日、異性にモテる方法をTwitterにて伝授していた前澤氏。異性にモテる方法で一番大事なのは「モテようとなんてしてない素振りを常にすること」と発言していた。もしかして、これもその方法のひとつなのかもしれない!?

最終更新:2018/10/24 09:52
こんな記事も読まれています

ライブ途中声が出なくなったaikoへZOZO前澤友作氏がエール送るも、「失礼すぎる」と批判の的にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真