日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『下町』評判のイモトにブーイング!?

『下町ロケット』で演技評判のイモトアヤコに芸人界からブーイング!?「お笑いを捨てたのか」

イモトアヤコ 公式インスタグラム(@imotodesse)より

 今クール注目のドラマ『下町ロケット』(TBS系)の平均視聴率が第1話は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2話は12.4%と好調なスタートを切った。

 そんな中、ベンチャー企業「ギアゴースト」の副社長で天才エンジニアを演じる女芸人・イモトアヤコの迫真の演技が話題を集めている。

 芸能関係者は「芸人とは思えない、感情のこもった演技力で、業界内の評価も上々です。10月14日に放送された第1話では、アドリブで涙を流すなど、芝居に対してのこだわりもあるようです」と絶賛する。

 もともとイモトといえば、文教大学情報学部在学中に芸人養成所に入所。2006年には当時グループを組んでいた「フォーリンラブ」バービーらと『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)に出場した経験を持つ。その後、バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の珍獣ハンターで人気を博した。

 以降、活動の場を広げ、スペシャルドラマ『99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~』(TBS系)でドラマ初出演を果たすと、16年には『家売るオンナ』(日本テレビ系)で連続ドラマデビュー。昨年は関ジャニ∞・錦戸亮主演のドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(同)に出演した。

 そんな、女優として地位を固めつつあるイモトに、批判的な意見が飛び出しているという。

「周囲の芸人から『お笑いを捨てたのか』『女優気取りで勘違いしている』『もう女芸人じゃない』『全くおもしろさがなくなった』などと、ささやかれているようです。ひがみややっかみもあるようですが、確実にお笑い界で肩身が狭くなっていますよ。バラエティー番組に出ても、スタジオでは全くトークがハネないので、芸人として番組に呼ばれることは激減しました。ロケ向きタレントなのかもしれませんが、このままイモトが『芸人』の看板を降ろす日も近いかもしれません」(お笑い関係者)

 芸人イモトアヤコを廃業して、女優イモトアヤコが本業になる日も近い?

最終更新:2018/10/24 17:00
こんな記事も読まれています

『下町ロケット』で演技評判のイモトアヤコに芸人界からブーイング!?「お笑いを捨てたのか」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

酒井萌衣が語る48とアイドル界

 今や、国内だけで300人を超える巨大組織となった48グループ。その公式ライバルとして...…
写真