日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > スターダスト女性アイドル部門が危機

ももクロ、エビ中以外は頭打ち……スターダストの女性アイドル部門が危機的状態か?

「TEAM SHACHI」オフィシャルサイト より

 名古屋を拠点に活動するアイドルグループ「チームしゃちほこ」が10月22日、グループ名を「TEAM SHACHI」(読み方は「シャチ」)に改名することを発表した。まさかの展開に驚くファンも多かったが、一方で、業界内ではこんな声も。

「ここ最近、チームしゃちほこの活動がイマイチ盛り上がっていないとのウワサを聞いていたので、下手をすれば近い将来に解散もあるかも……と話す関係者もいました。わざわざ改名する理由はよくわかりませんが、いずれにせよ、現状を打破するための奇策が必要だったのでしょう」(音楽業界関係者)

 チームしゃちほこは同日、Zepp Nagoyaで『“TEAM SYACHIHOKO”THE LIVE ~FINAL~』を開催、この公演をもってメンバーの伊藤千由李がグループから卒業となった。そして公演終了後、会場の外で号外が配られ、「TEAM SHACHI」に改名することが発表されたのだ。

「メンバーの卒業という重要なライブなのに、会場はキャパ1,700人程度のZepp Nagoya。これまで日本武道館や横浜アリーナ、名古屋の日本ガイシホールなど1万人規模のライブを成功させてきたのに、メンバーの卒業ライブがZeppというのは寂しい話。集客も、かなり落ちてきているのかもしれません」(同)

 TEAM SHACHIは、ももいろクローバーZや私立恵比寿中学と同じ、スターダストプロモーションの所属だ。スターダストは女性アイドル部門を「スターダストプラネット」として束ねているが、なかなか成果を出せていないという。

「ももクロやエビ中はまだまだ人気もありますが、それ以外のグループについては、頭打ち状態です。『ロッカジャポニカ』『はちみつロケット』『CROWN POP』といった若手グループもありますが、全国ツアーができるほどの認知度もなく、各種アイドルイベントに出演したり、ショッピングモールでイベントを開いたりといった状況。残念ながら同部門がビジネスとして成立しているとは言い難く、いつ店じまいとなってもおかしくない状態です」(芸能事務所関係者)

 スターダストは2017年に、女性アイドルグループを「スターダストプラネット」に一本化。事務所の屋台骨として、継続的なビジネスとして発展させるつもりだったという。

「最近のももクロはCDもそれほど売れないし、メディア露出も少ない状態ですが、定期的に大きな箱でライブを行い、チケットとグッズの売り上げで1日に数億円を動かすというビジネスモデルにシフトしています。ライブを開けばそれなりの売り上げが見込めるということで、事務所としては“計算できるビジネス”。スターダストは、今後もスターダストプラネットの中から、どんどん新人を育てていき、ももクロやエビ中が落ち目になった後も、新たなグループで確実に稼ごうとしていたのでしょう。しかし、実際にはそう甘くない。新人グループが育たないだけでなく、チームしゃちほこやたこやきレインボーといった、“ポストももクロ”“ポストエビ中”勢も失速している。このままでは、スターダストプラネット構想は間違いなく失敗に終わりますよ」(同)

 アイドルブームの終焉とともに、岐路に立たされているスターダスト。せっかく立ち上げた「スターダストプラネット」が消滅するのも、そう遠くはないかもしれない。

最終更新:2018/12/12 17:35

ももクロ、エビ中以外は頭打ち……スターダストの女性アイドル部門が危機的状態か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真