日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新興“ミュージシャン俳優”の系譜

米津玄師も続く? MIYAVI、浜野謙太……新興“ミュージシャン俳優”の系譜

左:MIYAVI、右上:浜野謙太、右下:米津玄師/各公式サイトより

「11月23日に公開される映画『ギャングース』でもいい役ですし、『BLEACH』でも主人公のライバル役で俳優顔負けの演技を見せていました。キャスティングの理由が普通の役者にはない雰囲気を持ってるからということで、特に単館系の監督はこぞって彼を指名していますよ」(映画関係者)

 ロックミュージシャンで世界を股にかけて活躍するMIYAVI。昨年デビュー15周年を迎え自身7度目のワールドツアーを東京で開幕し、日本全国、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、中南米と、文字通りの「世界ツアー」を完遂した。

「当然、本業はミュージシャンですが、本人いわく『俳優の仕事も楽しい』ということで、来た仕事は基本的に受けているようです。お金にもこだわっていないようで、ほとんど言い値で受けているみたいですよ。中性的な顔立ちで身長も185センチと見栄えがいいので、脇役などでアクセントを効かせたいときに彼に声を掛ける監督が多いようです」(芸能事務所関係者)

 日本で大々的に映画に出る前にハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーが自身の監督作品『不屈の男 アンブロークン』に抜擢して“ハリウッド”も経験済みという異色の経歴を持つ。

「今はテレビ界も星野源さんやNHKの朝ドラ『まんぷく』に出演中の浜野謙太さん、『下町ロケット』に出演中の吉川晃司さんのように、ミュージシャンの俳優起用が増えています。一時、芸人さんの起用がブームだったように、今はミュージシャンの起用が多く、特にMIYAVIさんのように雰囲気を持った人なら主演でなくても十分存在感を示せますからね。そういう意味でも、次に注目されてるのは米津玄師さんですね。彼を誰が口説くか業界でも注目されてますよ」(広告代理店関係者)

 そのうち大河ドラマで主役を張る“二刀流”本格ミュージシャンも出てきそうだ。

最終更新:2018/10/25 22:30

米津玄師も続く? MIYAVI、浜野謙太……新興“ミュージシャン俳優”の系譜のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真