日刊サイゾー トップ > 芸能  > のん和解報道の裏で仕掛け?

のんとレプロの“雪解け報道”に違和感! 両者も知らない「仕掛け」が進行中か?

 2013年のNHK朝ドラ『あまちゃん』で国民的人気となった能年玲奈改め「のん」が、独立をめぐって揉めた前所属事務所と雪解けムードにあるという。

 19日発売の写真誌「フライデー」(講談社)によると、のんは10月上旬に関係者と前所属事務所「レプロエンタテインメント」を訪問。その席でのんが詫び、再びマネジメントを受けるという形で和解に向けた話し合いが持たれたという。

 のんは15年に無断で個人事務所を設立して騒動になり、休業状態を経て、16年にレプロから事実上独立。本名である能年玲奈から、芸名を「のん」に変更した。

 今回の和解報道に対して、レプロ側は面会を認めた上で、「なんら解決に至っていない」と説明する一方、こうした記事が出たことについて「大変不可解であり、誠に遺憾」と不信感をのぞかせている。フライデーは、のんが来年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』に出演したいがために、事務所トラブルを解決しようと動いたと見ているが……。

「レプロに恨み骨髄だったのん側が、素直に頭を下げるとはとても思えない。なんらかの狙いがあるはず」(スポーツ紙記者)

「フライデー」に掲載された写真も、事前リークがなければ、まず撮れない代物だ。同記者は「フライデーにお詫び訪問の写真を“撮らせる”ことで、和解に向けて少なくとものん側は動いたと既成事実を作った。いまボールを持っているのはレプロ側。恥を忍んで再びのんを抱えこむか、決裂するか。後者の場合は、あまちゃん時代から彼女を高く買っていた大手芸能プロが手を差し伸べるとウワサされている」と話す。

 一部で、のんが仕事減により苦境に立たされているという報道もあるが、それはまったくの見当違いという話もある。

「CMや創作活動など、収入はレプロ時代の数倍。最近では中国でも人気が急上昇している。芸能プロからすれば、のどから手が出るほど欲しい逸材であることに変わりはない」(テレビ関係者)

 すべては、のんもレプロも知らない“壮大な仕掛け”なのかもしれない――。

最終更新:2018/10/26 21:00
こんな記事も読まれています

のんとレプロの“雪解け報道”に違和感! 両者も知らない「仕掛け」が進行中か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...…
写真