日刊サイゾー トップ > 芸能  > 手ブラ姿を公開していた女性芸能人

田中みな実、“肘ブラ”を披露でも水着はNG!? 実は手ブラ姿を公開していた女性芸能人3人

『anan』公式サイトより

 抜群のスタイルをキープし続ける女性芸能人の中には、セミヌード姿を公開している人も少なくない。フリーアナウンサーの田中みな実は、昨年9月に発売された「anan」(マガジンハウス)で手ブラや肘ブラを公開して話題を集めた。

 このセクシー写真について田中は、今月13日放送のラジオ番組『田中みな実 あったかタイム』(TBSラジオ)でこだわりを告白。ゲスト出演した近藤サト元フジテレビアナウンサーから「いま水着の仕事がきたらやる?」と聞かれた田中は、「やらない!」と即答した。さらに近藤から「肘ブラはやるけど水着はやらないんだ?」と質問されると、「下着はいいんだけど水着は嫌みたいな」「女性が見て『いいな』と思ってもらえるような水着なら」とコメントしている。

 この発言にネット上からは「そもそもアナウンサーなんだから、下着も水着もやる必要ないよ」「テレビでもセミヌード写真公開してたのに何言ってんだ」といった声が上がっていた。今回は田中のように、実は手ブラ姿を披露していた女性芸能人たちをご紹介していこう。

 

●蒼井優

蒼井優 公式ホームページより

 女優の蒼井優は、2010年公開の映画『雷桜』で手ブラ姿を披露している。同作は蒼井と岡田将生のW主演による時代劇ラブロマンス。手ブラ姿を披露した蒼井の熱演もあってか、「鼻水、涎、手ブラ……蒼井優の捨て身の芝居に尽きる」「蒼井優が素晴らしかった。ものすごい美人って感じではないけど、表情がスクリーンに映えてた」「後半からクライマックスでは切なくて、ずっと涙が止まりませんでした」と好評だった。

 しかし、「蒼井優は脱げないんだったら、あの役をやらない方が良かったんじゃないでしょうか」「おっぱい出せとは言わないけど、気を遣ってるのがミエミエで素直に楽しめなかったです」といった辛らつな意見も。昨年公開された映画『彼女がその名を知らない鳥たち』でも過激な濡れ場に挑戦した蒼井だが、バストトップは解禁されていない。

 

●石田ゆり子

石田ゆり子 公式インスタグラム(@yuriyuri1003)より

“奇跡のアラフィフ”といわれる石田ゆり子もセクシーな姿を披露していた。実は石田は若い頃、ハイレグなどの過激な水着姿を披露してきた過去が。また2006年発売の『FRaU』(講談社)の表紙には手ブラ姿で登場。この雑誌は今でも“需要”があるらしく、フリマサイトでは3,000円~4,000円前後で取り引きされている。

 2016年に放送されたドラマ『コントレール~罪と恋~』(NHK)で石田は、46歳でベッドシーンを披露。視聴者からは、「石田ゆり子のベッドシーンが美しい」「見応えのあるベッドシーンでしたな」といった絶賛の声が上がっていた。また今年9月には『サワコの朝』(TBS系)で17歳の時の水着姿を披露。こちらにも「美しさがずっと変わらない!」「これはイケる」などの声が。石田のセクシーな姿はいつの時代も好評のようだ。

最終更新:2018/10/26 16:30

田中みな実、“肘ブラ”を披露でも水着はNG!? 実は手ブラ姿を公開していた女性芸能人3人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

ヴァンゆん炎上、シバターの美学

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真