日刊サイゾー トップ > 芸能  > 米津玄師、露出増で『紅白』シフト?

米津玄師が「東京ドラマアウォード」授賞式に登場 “ミステリアスキャラ”返上で『紅白』シフトに?

米津玄師 スタッフ公式Twitter(@reissuerecords)より

 11回目を迎える「東京ドラマアウォード2018」の授賞式が10月25日、東京プリンスホテルで開催。主題歌賞を受賞した米津玄師が登壇した。

 東京ドラマアウォードは、市場性や商業性を重視し、海外でヒットする可能性を持つ日本のドラマを表彰する賞。米津の「Lemon」はドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の主題歌に起用され、大ヒットとなった。『アンナチュラル』はドラマ部門の優秀賞に選ばれ、主演の石原さとみも主演女優賞を受賞。今回の授賞式には石原も登場したが、マスコミの注目の的となっていたのは米津の方だった。取材をした芸能記者はこう話す。

「普段は地上波テレビに出ることもほとんどなく、ミステリアスな雰囲気で売っている米津玄師が授賞式に出席するということで、登場したときには報道陣からどよめきもありました。ただ、各社が撮影した米津の写真は使用しないでほしいとの要請があって、東京アウォードのオフィシャルカメラで撮影した写真のみが記事で使えるという制限付きでした」

 今回の米津の登場には、さまざまな臆測も飛び交っている。

「年末のNHK紅白歌合戦やレコード大賞への出場が待望されているということもあり、そこに向けて徐々にメディア露出を増やしているのではないかという話も聞こえてきます」(同)

 また、これまではミステリアスなイメージだった米津だが、そろそろセールス方針のシフトチェンジを画策しているとの声も。音楽業界関係者はこう話す。

「自身のルックスには少なからずコンプレックスを持っているようで、あまり顔を出したくないという気持ちもあったとのこと。その結果、今のミステリアスキャラになったと言われています。しかし、実はちょっと抜けているようなところもあって、プライベートでは意外と愛されキャラ。最近では業界内でもそのキャラが徐々に浸透し始めているので、本人としても、そろそろ素を出してもいいのでは……と思うようになってきたのかもしれません」

 そんな米津は、来年1月から自身としては初となるアリーナツアーを開催する。

「今までよりも大きな規模でのツアーを行うことで、さらに知名度を上げ、ファンを増やしていこうとしているわけで、そのためには自身のキャラクターをしっかりアピールすることも重要でしょう。“謎めいたキャラ”だけでは限界がありますからね。向こう何十年も売れ続けるアーティストになるには、素を出すことも必要になっているということなのだと思います」(同)

 天才・米津玄師が、いよいよ本気を出すということか?

最終更新:2018/10/29 10:00
こんな記事も読まれています

米津玄師が「東京ドラマアウォード」授賞式に登場 “ミステリアスキャラ”返上で『紅白』シフトに?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

 人情味あふれる町・阿佐ヶ谷の6畳一間のアパートで、本物の姉妹でない2人の40代女性...
写真