日刊サイゾー トップ > 芸能  > レプロ“ネクスト新垣結衣”が不足

のん和解に蠢く「裏の思惑」とは……? レプロに不足する“ネクスト新垣結衣”の存在

新垣結衣

「レプロとしても、あのコメントは本音半分といったとこでしょう。現場としては、一刻も早く能年さんに復帰してもらいたいというのが実情だと聞いてますよ」(芸能事務所関係者)

 今月に入って元所属事務所・レプロエンタテインメントを訪れて“和解”を申し入れていたと報じられた“のん”こと能年玲奈。

「2013年のNHK朝ドラ『あまちゃん』で大ブレークしましたが、15年4月に独立騒動があって、16年6月には独立を強行しました。芸名を本名である『能年玲奈』から『のん』に変えて活動を再開しましたが、こと女優業に関してはまったくといっていいほど仕事がありませんでした」(テレビ局関係者)

 そんな中、突如浮上した和解案には、さまざまな人の思惑が絡んでいるという。

「当然、能年さん自身は女優業をメインでやりたいはずですが、ここまで仕事のオファーがないとは思わなかったのでしょう。実際、彼女以降に朝ドラで主演を務めた有村架純さん、波瑠さん、高畑充希さんなど同世代の女優は今も最前線で活躍しています。オファーが来ない大きな理由がレプロからの独立であることは彼女も理解してますから、和解したいと考えるのは自然のことです」(ドラマスタッフ)

 一方のレプロも和解案にすがりたい理由があるという。

「それは、ガッキーこと新垣結衣さんの存在です。彼女も今年で30歳と大台に乗りました。要は彼女に続く20代で主演を張れる女優がいないんです。その点、能年さんなら話題性も含めて主演の話は来るでしょうからね。レプロとしても高校生役もいける20代の女優はのどから手が出るほど欲しいんです。あとは、お互いのプライドというか業界のしがらみさえなくなればウィンウィンの関係になれると思うんですけどね」(広告代理店関係者)

 果たして、のんから再び能年玲奈に戻ることはできるのだろうか――。

最終更新:2018/10/27 08:00
こんな記事も読まれています

のん和解に蠢く「裏の思惑」とは……? レプロに不足する“ネクスト新垣結衣”の存在のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...…
写真