日刊サイゾー トップ > 芸能  > ナベプロ“賞レース”強さの秘密とは

『NHK新人お笑い大賞』を芸歴2年目「Gパンパンダ」が制覇! ナベプロ“賞レース”強さの秘密とは?

『NHK新人お笑い大賞』を芸歴2年目「Gパンパンダ」が制覇! ナベプロ賞レース強さの秘密とは?の画像1
Gパンパンダ 一平のTwitter(@gpanpanda_ip)より

 10月21日に行われたNHK新人お笑い大賞で、Gパンパンダが優勝を果たした。Gパンパンダは2017年結成、芸歴わずか2年目の快挙である。名門校として知られる筑波大学附属中高からそろって早稲田大学商学部に進学し卒業した高学歴コンビとしても知られる。彼らの所属はワタナベエンターテインメント(以下、ナベプロ)である。

 ナベプロといえば、『キングオブコント2018』(TBS系)で優勝を果たしたハナコ、『ABCお笑いグランプリ』(朝日放送)で優勝したファイヤーサンダーが所属している事務所であり、今年の主要なお笑いコンテストを軒並み制覇している。ナベプロ所属の芸人は、なぜ賞レースに強いのだろうか?

「ナベプロの強みとしては、テレビ局との強いコネクションが上げられるでしょう。同社の会長は、フジテレビで『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』や『笑う犬』シリーズを手がけた名物プロデューサーの吉田正樹氏です。徹底してテレビで受ける笑いを志向しているため、テレビのお笑いコンテストとの相性が良いようです」(放送作家)

 ナベプロもほかの事務所同様に、芸人養成所であるワタナベコメディスクールを持っている。ファイヤーサンダーはよしもとクリエイティブ・エージェンシーのNSC大阪校出身だが、ハナコとGパンパンダはコメディスクール出身だ。

「ワタナベコメディスクールは、ほかの事務所の養成所に比べて学費が高めです。フルタイムで通うコースの場合、年間の学費は約130万円であり、大学や専門学校に通うくらいの金額がかかります。学費の減額や免除が受けられる特待生制度もありますが、基本的には高額な学費を支払うことでお笑い芸人になる覚悟を試しているといえます。その分、本気度の高い人間が集まってくるのではないでしょうか」(同)

 芸能界において最も重要な評価軸である「結果を残す」ナベプロからは、これからも驚異の新人が現れそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/10/28 06:00

『NHK新人お笑い大賞』を芸歴2年目「Gパンパンダ」が制覇! ナベプロ“賞レース”強さの秘密とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

500万円で映画主演権を買った一般女性とは

「あなたをSFコメディ映画の主役に!」という日本橋三越本店の2019年新春福袋企画を...
写真