日刊サイゾー トップ > 芸能  > 深田恭子、ラジオでの”伝説”って!?

深田恭子「深ダイヤル」で思い出す、ラジオ番組『IN MY ROOM』の“伝説”って!?

東京ガス公式サイトより

 女優の深田恭子が、東京ガスが開設するフリーダイヤル「深ダイヤル」で、オペレーターを務めることがわかった。このダイヤルは、電気とガスをまとめる申し込みの受け付け用で、深田は同社のCMに出演しており、連動企画となっている。「深ダイヤル」の音声は「それではよろしくお願いします。深田恭子でした」と締められる。このフレーズで思い出されるラジオ番組がある。

「1990年代末から2000年代初頭にかけて放送された『深田恭子 IN MY ROOM』ですね。当時10代だった彼女が、仕事や日常生活を語るほか、リスナーと電話をつなぐコーナーもありました。ニッポン放送の夜のワイド番組である『ゲルゲットショッキングセンター』『LF+RフライングNIGHT!』内において10分間のミニ番組として放送されました」(放送作家)

 旬のアイドルがこうした番組を持つのは珍しいことではないが、あらゆる意味で伝説を残したといえる。

「深田は番組では終始テンションが低く、台本も棒読み。最後に唐突に『それじゃあバイバイ深田恭子でした』と言って終わる展開が話題となりました。ミニ番組は2週間から1カ月程度をまとめて収録するのが通例です。ほかの仕事で疲れていたのかもしれませんが、終始、ローテンションを維持するのは、ある意味では驚きですね。その様子は『ナインティナインのオールナイトニッポン』でよくネタにされ、深田が『恭子のこと、ネタでいじめないでください』と音声を寄せたことでも知られますね」(同)

 ひょっとすると、今回の東京ガスの音声も、当時を知る元ラジオファンのスタッフが仕掛けたものかもしれない!?
(文=平田宏利)

最終更新:2018/10/29 06:00

深田恭子「深ダイヤル」で思い出す、ラジオ番組『IN MY ROOM』の“伝説”って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

志村けん死去…大悟との寵愛関係

「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村け...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真