日刊サイゾー トップ > 芸能  > 岡村が明かした三又のクズエピソード

三又又三の“クズすぎ”エピソードを岡村隆史が告白! 志村けんからは「絶縁」、師匠・たけしも……

『オールナイトニッポン』公式Twitter(@Ann_Since1967)より

 ダウンタウンの松本人志との借金トラブルも記憶に新しい、お笑いタレントの三又又三だが、この話題に触れることは芸人たちの間でタブーになっていたという。

 18日深夜放送のラジオ番組『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、パーソナリティの岡村が「僕らは勝手に、自分の中で(借金トラブルについて)言ったらアカンとなっていた」と、ゲスト出演した三又に明かした。対する三又は、「もう完済したので、(タブー視せず)逆にそこは言ってほしい」と応じた。

 三又は自身が東京・渋谷で経営するバーの資金繰りのため、先輩の松本に1,500万円を借りたものの、一向に返済がなされず、松本から絶縁されていたことが昨年報じられた。

「借りたカネをバーの運転資金に回さず、女遊びなどですべて使い果たした上、返済しようとしなかったわけですから、松本が怒るのも当然です。三又は完済したと得意気に語っていましたが、今の彼の稼ぎだけでは当然ムリ。返済金の一部を所属するオフィス北野に借り、残りは病院を経営する実家からの援助で賄ったようです」(芸能ライター)

 番組では、「親しくなると調子に乗り、相手を怒らせてしまって不義理かましたりする」と岡村にツッコまれていた三又だが、この種の“クズエピソード”には事欠かない。

「三又のクズエピソードは、『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)などの番組でよく語られますが、これらは笑えるだけ、まだマシ。三又は松本だけでなく、なぜか志村けんやビートたけしといった大御所にもかわいがられており、3人の威光をかさに着て、後輩芸人に暴力を振るってケガをさせたり、スタッフへの態度も悪かったりと、評判は最悪なんです。上には媚びへつらい、下には威圧的に接するという、世渡りだけで芸能界を泳いできた人間ですよ。松本とのトラブルに、心の中で喝采を送った後輩芸人も少なくなかったはず」(同)

 一説によると、三又はすでに志村とは絶縁状態にあるともいわれている。たけしにしてみれば、独立したこともあって、三又に構う余裕はないはず。松本という“最後の後ろ盾”を失うことを恐れた三又が、必死になって借金を返したのは想像に難くない。

最終更新:2018/10/30 06:00

三又又三の“クズすぎ”エピソードを岡村隆史が告白! 志村けんからは「絶縁」、師匠・たけしも……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真