日刊サイゾー トップ > 芸能  > ワンオク元メンバーに痴漢逮捕の過去

ONE OK ROCK・Tomoyaの“淫行報道”に弁解の余地なし! 元バンドメンバーに痴漢逮捕の過去も

ONE OK ROCK オフィシャルウェブサイトより

 人気ロックバンド、ONE OK ROCKのドラムのTomoyaが26日、バンドの公式サイトを通じて、同日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)で報じられた“淫行報道”について、謝罪コメントを発表した。

 同誌によると、7年前にTomoyaがバンドのファンだった当時16歳の女子高生と肉体関係を持ち、Tomoyaが17年6月に結婚するまで関係を続けていたという。しかし、結婚を機にTomoyaと音信不通となり、一方的に“ヤリ捨て”された女性が激怒し、告発に踏み切った格好だ。

 報道を受け、Tomoyaは相手の女性をはじめ、メンバーや関係者、そしてファンに向けて謝罪コメントを発表。当時の自分は自分とバンドのことしか考えておらず、社会的なことは何もわかっていない未熟な人間だったと反省した。

「先頃も、バナナマン・日村勇紀の16年前の淫行が報じられましたが、それと似たケースですね。ファンの多くはTomoyaに同情的で、日村に何のおとがめもなかったことから、Tomoyaにも同様の処遇を望む声が上がっています。ただ、16歳の女子高生と肉体関係を持ったからといって、“即淫行”というわけではありません。結婚前提でないにしても、ちゃんと交際をしていれば、罪に問われないこともあります。特にTomoyaは当時24歳だったので、16歳の少女との真剣交際なら、一般社会でもあり得ますからね。しかし、Tomoyaも日村もファン心理につけ込んで、未成年の少女を自らの性欲のはけ口にしていたわけですから、弁解の余地はないでしょう。とはいえ、ワンオクは、女性絡みのスキャンダルに事欠きませんね」(週刊誌記者)

 というのも、以前にもバンドのメンバーが痴漢で逮捕されるという不祥事を起こしているからだ。2009年、東急田園都市線の電車内で隣に座っていた当時21歳の女子大生の足を触ったとして、ワンオクのギタリストだったAlexが神奈川県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されている

「Alexは、バンド結成時からのオリジナルメンバー。日米ハーフのイケメンで、バンド活動以前はファッション誌のモデルとして活躍していました。事件当時は酒を飲んでおり、『好みの女性だったので、手を出してしまった』と、取り調べに対して供述しています。最終的に不起訴処分となったものの、バンドからは脱退。脱退後はモデルとして活動していましたが、現在はカメラマンのアシスタントをしているそうです」(同)

 日村の過去の淫行が発覚した際、同じような心当たりがあるのか、多くの芸人たちが日村を擁護したが、まさかワンオクのような人気バンドに淫行報道が飛び火するとは、当人たちもファンも予想しなかったに違いない。

最終更新:2018/10/31 08:00
こんな記事も読まれています

ONE OK ROCK・Tomoyaの“淫行報道”に弁解の余地なし! 元バンドメンバーに痴漢逮捕の過去ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真