日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小西真奈美の高速ラップに失笑!

小西真奈美が『スッキリ』で生歌披露! 高速ラップを繰り出すも「コニラップ」と失笑の嵐

小西真奈美公式サイトより

 全曲作詞作曲したメジャー1stアルバム『Here We Go』を10月24日にリリースし、歌手デビューを果たした女優の小西真奈美。そんな彼女が、31日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で生歌を披露した。

 2年前に出演した音楽劇『最高はひとつじゃない 2016 SAKURA』がきっかけで、音楽活動をスタートさせたという小西。17年にはインディーズデビューアルバム『I miss you』をリリースし、「iTunes HIPHOPチャート」で1位を獲得。地道に経験を積み、今回のメジャーデビューを迎えたよう。とはいえ、放送ではガチガチに緊張している様子で、「女優さんとしてゲストに出させていただくときも、生は緊張しますのに、もう今日は歌が……と思って」と歌う前の心境を明かした。

 そんな小西だったが、本番では透き通るような癒やしボイスでアルバムのリード曲でもある「Here We Go」を披露。MCのハリセンボン近藤春菜が「カッコいい!」と感激するなど、スタジオでは絶賛だった。

 しかし、その一方で、ネット上では「“コニタン”がヤバイ!」と失笑されていたようだ。

「小西さんの生歌はネットですぐさま話題になったのですが、『これはマジで売れないよ!』との声が殺到し、失笑の嵐といったところ。『信じてる この地図を』という歌詞があるんですが、『この地図に可能性ないと思う……』との辛らつな声や、歌途中に高速ラップを披露するも『コニラップ!』と揶揄され、しまいには笑いのネタとなっていましたね」(音楽誌ライター)

 やはり、”歌手・小西真奈美”はまだ認知度が低く、世間では受け入れがたいのかもしれない。

「今回、歌手デビューへの批判のほかに、やはり『女優のコニタンが好きなのに』『演技がもっと見たいんだよ!』と訴える声も多く上がっている状態。最近はNHK朝ドラ『半分、青い。』の奇抜な役柄が話題となっていただけに、新しいことに挑戦するよりも、お芝居の世界を極めたほうがいいのでは……」(同)

 ちなみに、ライブやツアーはまだ決まっていないようで、「いつかできるようになっていきたい」と『スッキリ』では抱負を語っていた小西。果たして、世間に認知される日が本当に来るのだろうか?

最終更新:2018/11/01 10:01

小西真奈美が『スッキリ』で生歌披露! 高速ラップを繰り出すも「コニラップ」と失笑の嵐のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真