日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小西真奈美の高速ラップに失笑!

小西真奈美が『スッキリ』で生歌披露! 高速ラップを繰り出すも「コニラップ」と失笑の嵐

小西真奈美公式サイトより

 全曲作詞作曲したメジャー1stアルバム『Here We Go』を10月24日にリリースし、歌手デビューを果たした女優の小西真奈美。そんな彼女が、31日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で生歌を披露した。

 2年前に出演した音楽劇『最高はひとつじゃない 2016 SAKURA』がきっかけで、音楽活動をスタートさせたという小西。17年にはインディーズデビューアルバム『I miss you』をリリースし、「iTunes HIPHOPチャート」で1位を獲得。地道に経験を積み、今回のメジャーデビューを迎えたよう。とはいえ、放送ではガチガチに緊張している様子で、「女優さんとしてゲストに出させていただくときも、生は緊張しますのに、もう今日は歌が……と思って」と歌う前の心境を明かした。

 そんな小西だったが、本番では透き通るような癒やしボイスでアルバムのリード曲でもある「Here We Go」を披露。MCのハリセンボン近藤春菜が「カッコいい!」と感激するなど、スタジオでは絶賛だった。

 しかし、その一方で、ネット上では「“コニタン”がヤバイ!」と失笑されていたようだ。

「小西さんの生歌はネットですぐさま話題になったのですが、『これはマジで売れないよ!』との声が殺到し、失笑の嵐といったところ。『信じてる この地図を』という歌詞があるんですが、『この地図に可能性ないと思う……』との辛らつな声や、歌途中に高速ラップを披露するも『コニラップ!』と揶揄され、しまいには笑いのネタとなっていましたね」(音楽誌ライター)

 やはり、”歌手・小西真奈美”はまだ認知度が低く、世間では受け入れがたいのかもしれない。

「今回、歌手デビューへの批判のほかに、やはり『女優のコニタンが好きなのに』『演技がもっと見たいんだよ!』と訴える声も多く上がっている状態。最近はNHK朝ドラ『半分、青い。』の奇抜な役柄が話題となっていただけに、新しいことに挑戦するよりも、お芝居の世界を極めたほうがいいのでは……」(同)

 ちなみに、ライブやツアーはまだ決まっていないようで、「いつかできるようになっていきたい」と『スッキリ』では抱負を語っていた小西。果たして、世間に認知される日が本当に来るのだろうか?

最終更新:2018/11/01 10:01

小西真奈美が『スッキリ』で生歌披露! 高速ラップを繰り出すも「コニラップ」と失笑の嵐のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

バイきんぐ西村の本当の“すごみ”

「キングオブコント2012」で優勝。無名のコンビは一夜にしてその名を世間に轟かせた。...
写真