日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『忘却のサチコ』コスプレは定番化?

『忘却のサチコ』高畑充希が今度はジョン・レノンに! 毎回コスプレは定番化?

テレビ東京系『忘却のサチコ』番組公式サイトより

 高畑充希演じる極度の堅物OL・佐々木幸子が、結婚式当日に失踪した新郎(俊吾さん=早乙女太一)のことを忘れるためグルメ道に目覚め邁進する「飯テロ」コメディ『忘却のサチコ』(テレビ朝日系)。今回も深夜ながら2.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と安定の視聴率。マイペースな幸子がイラついてしまうほどのモンスターな後輩が登場した第3歩(第3話)を振り返ります。

(前回までのレビューはこちらから)

 

■モンスター新入社員登場

 幸子の働く「月刊文芸誌きらら」編集部で幸子以外の編集部員たちが編集長・白井(吹越満)に詰め寄っている。新入社員の小林(葉山奨之)に我慢ができないとのことらしい。

 では、どんな新人なのか?

 いわゆる空気を読まず、立場をわきまえず、ズケズケとマイペースに発言する、少し前だと「ゆとり」で片付けられがちな、あのタイプ。社会学者の古市憲寿をイケメンにした感じを想像していただきたい。

 例えば、新人なのに電話に出ない小林を注意する教育係の大野(重岡漠)に対し、

「忙しい時は仕方ないじゃないですか? 大体、新人が電話に出るって決まり誰が作ったんですか? 気が付いた人が電話に出ればいいじゃないですか? 新人だから電話に出なきゃいけない理由ってなんなんですか?」と、悪びれもせず言い返す。

 それが社会人のルールだとキレる大野に対しても「全然理解できません」と一蹴。

 さらに、資料探しを頼んでも、「ネットで何も出てこない」と淡白な仕事ぶりの小林に、図書館なり本屋なり行って調べるよう大野が注意すると

「今時ネットで出てこないもの探すなんて効率悪くないですか? なんでそんな無駄なことしなくちゃいけないんですか? なんでですか? 新人だからですか? なんでですか? 大野さん? 答えてもらっていいですか? おーーのさん?」

と 追い詰められ、大野はあわあわ。完全にやり込められ、敗北を喫す。

 さらに美人のゆるふわ系社員・橋本(逢沢りな)に対しては「不倫しそうなタイプですよね?」、やや個性的な岡田(上地春奈)に対しては「安産型ですよね?」「結婚して10年たってますって顔してますよね?」と容赦がない。岡田、独身なのに。

 編集長・白井が「小林も悪気があるわけじゃないから」という旨のフォローをすると「被害者」たちは「悪気がないからたちが悪い」とさらにヒートアップ。しまいには「悪気なし」という秀逸なニックネームまで飛び出す。

「妖怪の名前みたい」だと、どこか他人事だった白井だが、自分が「若い頃は女泣かせまくってたくせに中年になって純愛に目覚めたタイプ」と言われていると知った途端不機嫌になり、「被害者の会」に加入。図星だったのだろうか。

 とにかくそんな小林に「最終手段」としてぶつけられたのが、我らが幸子だ。「毒をもって毒を制す」的な発想なのだろう。

「忙しいのは皆同じです、忙しいのを理由にするのは、自らが無能であることを宣言しているに等しいかと」

 さっそく幸子は他の社員たちが言えなかったことを逆にズケズケと言い返し、「妖怪」退治に効果を上げるが、小林の何気ない一言が幸子の鉄のハートにヒビを入れてしまう。

「佐々木さんも恋愛下手そうですもんねぇ」

 冷静を装いながらもノートパソコンをバタン! と閉じ、編集部を出て行く幸子。


12

『忘却のサチコ』高畑充希が今度はジョン・レノンに! 毎回コスプレは定番化?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

ヴァンゆん炎上、シバターの美学

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真