日刊サイゾー トップ > 芸能  > 有吉弘行、ホリエモンを完全スルー

有吉弘行、ラジオで“ホリエモン騒動”を完全無視! メディアへのメッセージか?

『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』番組公式サイトより

 10月28日夜に放送された『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)はメディア関係者の間で注目の放送であったが、例の件については一切触れられなかった。

 21日の放送において、有吉は若手時代に後輩芸人と高級寿司店に行き、ほとんど飲み食いをしていないのに2人で3万円を請求されたエピソードを話した。これがネットニュースとなり、記事を読んだホリエモンこと堀江貴文氏が「セコい笑。こんなんで恨んでしまう人が大半だから、彼はマスコミで受けるんだろうな」とTwitterで反応した。

 このやりとりに対し有吉が28日の放送で何を語るかに注目が集まったが、2時間の放送中に一切言及がなかった。これは有吉から各メディアへのメッセージとも取れるだろう。

「この番組は2010年に始まり、東京FMのスタジオから日曜夜に生放送されていますが、地方局のみに発信されており、東京FMではネットしていません。さらに札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡といった大都市圏でもオンエアされていません。完全に地方在住者に向けた番組といえますね」(放送作家)

 この番組はFM長野でもネットしており、長野刑務所に収監されていた堀江氏も愛聴していた番組であった。

「この番組において有吉は所属の太田プロダクションの後輩芸人をアシスタントとして月替わりで登場させています。リスナーから寄せられる芸能関係のブラックな毒舌ネタが多く読まれていますが、一方で有吉が真面目な芸人論を語る場面もあります。往年の『ビートたけしのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)を彷彿とさせるシーンもあります。都市圏に流れないことで自由に本音をしゃべれる環境を有吉は気に入っているので、なんでもネットニュース化されてしまうのを、よく思ってはいないでしょうね」(同)

 有吉は一連のネット記事を、過去に同ラジオ番組で、言葉尻をとらえ偏見を印象づけるだけの「焼きごて」と批判している。28日の放送で、有吉はメディア関係者たちに「無言の批判」を向けたのかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/11/03 06:00
こんな記事も読まれています

有吉弘行、ラジオで“ホリエモン騒動”を完全無視! メディアへのメッセージか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真