日刊サイゾー トップ > 芸能  > いきものがかり個々では稼げず……

いきものがかり “楽曲提供”“ソロカバーアルバム発売”も話題にならず……“限界を感じて”再結成か 

いきものがかり公式サイトより

 1年10カ月、「放牧」という名の活動休止をしていたバンド・いきものがかりが、11月3日から活動を再開することがわかった。2日放送の『AVALON~事件です!いきものがかり集牧(しゅうぼく)宣言~』(J-WAVE)で正式発表された。

 同グループは吉岡聖恵、水野良樹、山下穂尊の3人組。ヒット曲が多く、固定ファンもいるだけに、ネット上では「これ以上ないうれしいニュース」「またいきものがかりの新曲が聴ける」「これからまたがんばってください」など肯定的な意見が多数の状況ではある。

「『放牧』の際には『ギャラの取り分』『音楽性の違い』さまざまな臆測が流れ『解散説』まで浮上しましたが、今年3月には一部週刊誌の直撃に吉岡さんが『好きな音楽が一緒だからこそ、一緒にやっている』『メンバーとは連絡を取り合っている』と回答し、そうしたウワサを否定。ギクシャクした関係ではなかったと説明しています。とはいえ、2016年の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、水野さんが『プライベートでは、ぜんぜん仲よくないんです』と明かしており、『友達感覚』でないことはファン公認の状態。今回あっさり活動再開となったのも、案外ドライな、ビジネスライクな関係が土壌にあるからではないでしょうか」(現場記者)

 ということは、「放牧」は本当にただの休養だったのではないか? ただ、不可解な点もある。先月24日に、吉岡のソロカバーアルバム『うたいろ』がリリースされたのだが……。

「正直、カバーアルバムはほとんど話題になっていません。『いきものがかりの吉岡聖恵』は耳目を集めても、『吉岡聖恵』個人には興味を示されないというか……。ファンが求めている姿がソロではなかったということでしょう。水野さんに関しては他のアーティストに楽曲提供もしていましたが、こちらも『え、そうなの?』というレベル。個々人での活動はどうしても地味で、それぞれが“限界”を感じても不思議ではないでしょう。今回の『集牧』は、まさにメンバーそれぞれとファンの『需要と供給』がマッチしたものといえるのではないでしょうか」(同)

 スターダムに舞い戻る「最善手」「最短距離」を選択した印象の3人。やっぱりビジネス主義?

最終更新:2018/11/05 10:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

いきものがかり “楽曲提供”“ソロカバーアルバム発売”も話題にならず……“限界を感じて”再結成か のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

 日本人にとって「3.11」は東日本大震災と福島第一原発事故を思い出させる重い数字と...…
写真