日刊サイゾー トップ > 芸能  > BTS騒動で第3次K-POPブーム終焉?

防弾少年団(BTS)『Mステ』生放送出演中止……高まる嫌韓ムードと“第3次K-POPブーム”の終焉

「BTS JAPAN OFFICIAL FANCLUB」より

 8日、7人組K-POP男性グループ、防弾少年団(BTS)が9日に予定していた、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への生出演が、急きょ取り止めとなった。

 原爆投下の場面がプリントされたTシャツをBTSのメンバーが着用していたことに、かねてから日本国内で批判が集まっていたが、テレ朝もこれを問題視。〈番組としてその着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送ることとなりました。〉と、番組の公式ホームページでコメントしている。

「この種のトラブルで、ここまで事の経緯を明らかにするのは珍しいですが、それだけテレ朝も危機感を感じているということ。徴用工判決で嫌韓ムードが高まる中、もしBTSを出演させていたら、局に視聴者からのクレームが殺到して、収拾がつかなくなっていたはずですからね。しかし、テレ朝が何よりも恐れているのは、フジテレビの二の舞いです。だからこそ、局として“原爆Tシャツ”を問題視していることを明らかにし、反日でないことを視聴者に証明する必要があったわけです」(スポーツ紙記者)

 2010年代前半の第2次韓流ブームでは、番組編成が韓流関連に偏重していると、フジテレビが猛バッシングを受けた。11年8月には抗議デモが起こり、これを機にフジは凋落の一途を辿っている。テレ朝は10月月間視聴率(ビデオリサーチ調べ)で、58カ月連続三冠王だった日本テレビをストップして絶好調なだけに、嫌韓ムードへの対応は慎重にならざるを得ないだろう。

「こうなって来ると、他局も恐くて韓流関連のコンテンツは放送できないでしょう。結局、テレビ業界なんて“右にならえ”ですからね。特に、NHKは受信料の不払い運動を恐れて、紅白のKーPOP枠をなくしてしまうかもしれません。というよりも、第3次韓流ブームそのものが終わってしまう可能性すらあります」(同)

 第2次ブーム時には、12年に当時の李明博・韓国大統領が竹島に上陸したことによって嫌韓ムードが頂点に達し、ブームが終焉を迎えた。今回も同じ轍を踏んで、徴用工判決が第3次ブームにとどめを刺すのだろうか。

最終更新:2018/11/09 13:30
こんな記事も読まれています

防弾少年団(BTS)『Mステ』生放送出演中止……高まる嫌韓ムードと“第3次K-POPブーム”の終焉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真