日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 若林正恭、破局で性格の悪さ露呈?

オードリー若林正恭、南沢奈央との“破局”で「性格の悪さ」が露呈しちゃった?

オードリー若林正恭、南沢奈央との破局で「性格の悪さ」が露呈しちゃった?の画像1
オードリー・若林正恭

 オードリーの若林正恭と、かねてより交際していた南沢奈央との破局が報じられた。2人は2010年ごろに番組共演で知り合い、共通の趣味である落語を通じて親交を深めた。昨年9月に交際が報じられたが1年ほどで破局を迎えたようだ。

 報道を受け若林は、3日深夜放送の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)で「(事実関係は)まあ合っている」「2人くらいにしか話していない」と、周囲の人間から情報が漏れた可能性を示唆した。破局の原因は多忙によるすれ違いと報じられたが「私の度量の狭さ」もあるとし、南沢に対して「いい恋させてもらった。俺を人間にしてくれた」と話した。だが、今回の一件で露呈しそうなのが若林の性格の悪さであろう。

「オードリーの若林といえば一見すると柔和な人見知りといったイメージがありますが、実際のキャラクターはかなり異なるようです。過去には『性格悪くなきゃ、夜のラジオなんてやっていない』と開き直りとも取れる発言を行っています。かなりオブラートに包んだ表現をしていますが、実際には性格の不一致もありそうですね」(芸能ライター)

 さらに若林は「人見知り」を公言しながらも、女遊びも欠かさない人物だ。

「同じく過去のラジオのトークでは、バカリズムとともに『女遊びをしない』イメージで見られているため、実際の行動との間にギャップを持たれることが多く苦労していると話していました」(同)

 ラジオ番組はパーソナリティその人の素の姿が出やすい。髭男爵の山田ルイ53世が「妬み僻み嫉み」を前面に押し出した『ルネッサンスラジオ』(文化放送制作・全国各局・ポッドキャスト配信)がコアなファンを獲得しているのは、よく知られている。今回の一件で、若林の“性格悪いキャラ”が本格的に広まるかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/11/11 06:00

オードリー若林正恭、南沢奈央との“破局”で「性格の悪さ」が露呈しちゃった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破。2001年公開の『千と千尋の神隠し』超えも!?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真