日刊サイゾー トップ > 芸能  > 梅沢富美男が日テレに同情したワケ

『イッテQ!』だけじゃない……梅沢富美男が「ガチのバラエティーはない」と断言したワケ

梅沢富美男

 梅沢富美男が11月8日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に生出演。同日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が人気番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)内で“やらせ”があったと報じたことに言及した。

「文春によれば、5月20日に放送されたラオスで開かれた『橋祭り』は実際には存在しない祭りで、番組サイドのでっち上げだと追及しています。これに対して、梅沢は『バラエティー番組でやらせだとか、デッチ上げだとか、バカなこと言ってるんじゃないよ』と吠え、『ガチでやっているバラエティー番組なんてない』との見解を示しました」(テレビ誌ライター)

 ネット上では賛否さまざまな意見であふれており、確かに梅沢のように「目くじらたてるな」という声も多い。

 とはいえ、『イッテQ!』はドキュメンタリー性がウケて高視聴率を獲得してきただけに、仮に報道通りなら視聴者を裏切ったとも言える。

 バラエティー番組に「やらせは常識」というが、その舞台裏をテレビ関係者はこう明かす。

「今回のケースでいえば、長期の海外ロケということもあり、制作会社には2,000万とか3,000万といった制作費が用意されるわけです。制作会社とすれば、できるだけ安く作れば浮いた分が丸儲けとなる。それなら、それこそ世界の果てまで取材して回って何かを競い合う祭りを探すなんてことはせず、自分たちで激安のオモシロ祭りを作ってしまったほうが、労力も少なく安上がり。そもそもガチでやろうなんて最初から考えているわけがない。バラエティーはすべからくそういう考えで作られていることを梅沢も知っているから、ああいう発言になったのでしょう」

 視聴者から「どうせやらせ」と受け止められるようになる『イッテQ!』は、果たしてこれまでのような高視聴率を維持できるのだろうか。

最終更新:2018/11/12 12:00

『イッテQ!』だけじゃない……梅沢富美男が「ガチのバラエティーはない」と断言したワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真