日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 5人の心が交錯する『黄昏流星群』5話

複雑に交錯する5つの心――佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』第5話

フジテレビ系『黄昏流星群』番組公式サイトより

(前回までのレビューはこちらから)

 昨年の夏、今井絵理子議員の不倫問題で、彼女の釈明コメントの「一線は越えてない」という言葉が議論を巻き起こした。彼らの中では、「一線を越えなければ不倫ではない」という認識があったのだろう。

 テレビ番組が行う世間に対する意識調査などでも、「どこからが浮気?」「どこからが不倫?」といった質問がなされることがあるが、個人的な考えでは、妻や夫以外の人を「愛おしい」と思ったら、それは浮気。一線を越えたら不倫。そう思っている。

 ドラマ『黄昏流星群』(フジテレビ系)第5話。ここに出てくる人たちは、誰が浮気をしていて、誰が不倫をするのか――。それを考えながら見ると、複雑に絡まった糸が見えてくる。

 お互いの浮気現場に遭遇してしまった、完治(佐々木蔵之介)と娘の美咲(石川恋)。その場は、言葉を交わすことなく別れるが、娘の相手が自分より年上の男であったこともあり、完治は大きなショックを受ける。浮気相手の栞(黒木瞳)とともに、ホテルの部屋までは行くが、さっき見た光景が頭をよぎり、最後まで進むことはできなかった。

 次の朝、自宅で美咲を問い詰めようとする完治だが、「お互い追及するのはやめない? いろいろ知ったからといっていいことはないし」と言い返されてしまう。自分にも負い目がある完治としては、あまり強くも言えないのだ。

 次の休みの日、完治たち一家は、栞の婚約者である日野(ジャニーズWEST・藤井流星)と一緒に、温泉旅行に行くことになる。もともとは、日野が母親・冴(麻生祐未)と行くはずだったのだが、冴の体調が悪く、完治らと行くことにしたのだ。

 日野の運転する車で現地に向かう一行。車中では、日野と美咲が仲良く話をしている。ここで、それぞれの思いが交錯する。完治は、美咲が浮気していることへの疑念、美咲は、父親が不倫していることへの不信感、真璃子(中山美穂)は、夫が浮気をしているかもしれないという疑い、そして、日野は美咲には他に好きな人がいるのではないかとの不安。そこに、真璃子と日野のお互いの微妙な感情が混じり合う。

 とても和やかなシーンなのだが、それらを考えて見ると、ピンと張り詰めた緊張感の中で、各々が楽しさを演じているような、不穏ともいえる空気が画面から伝わってくる。いつその緊張が切れてしまうのか。平静を装う彼らから、嵐の前の静けさを感じずにはいられない。

 宿に着き、夕食の席で美咲の携帯が鳴る。相手は不倫相手の戸浪恭介(高田純次)だった。席を立って電話に出る美咲を完治は追いかけ、問い詰める。「(日野を)愛してもいないのに結婚するなんて、相手に対して失礼だ」そう言う完治に、美咲は「恋愛して結婚しても、なし崩しに愛がしぼんでしまうこともある。それならば、最初から条件のいい人を選んで結婚して何が悪いのか」と言い返す。


12
こんな記事も読まれています

複雑に交錯する5つの心――佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』第5話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真