日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大倉が苦言したファンのヤバい脳内

関ジャニ∞・大倉忠義に嫌がらせする“過激ファン”の「ヤバすぎる脳内回路」

関ジャニ∞・大倉忠義

 ジャニーズの人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義が、一部ファンに警告を発した問題が波紋を広げている。

 大倉は8日、携帯専用サイト内のブログで「賛否あるだろう事をわかった上で書かせていただきます」と前置きした上で、一部ファンの過剰行為を列挙。番組観覧の募集などをしている収録の場合に、移動に使う駅や空港に女性ファンが待ち構えているが、その一部が大倉をしつこく追いかけ、周囲の一般客に体当たりしたりするほか、大倉のカバンの中に物を入れるなど、ルールを逸脱した行為を繰り返しているという。

 大倉は「身勝手な行動が精神的に辛いです。このまま耐え続けられるのだろうか」「ストーカー行為ではないのか」と吐露。これまでは「無視することが最大の抵抗」と考えていたが「もう、ストレス以外のなにものでもない」と我慢の限界に達し「原因不明の病気がストレスのせいだと言われたりもする。寿命が縮まっているのではないかとも感じる」と告白した。

 ジャニーズタレントが、ここまで踏み込んだ発言をするのは極めて異例。それほど大倉のメンタル面は限界に達していたのだろうが、ジャニーズ事情に詳しい人物は「今回の告白は逆効果にもなりかねない」と警鐘を鳴らす。

「大倉さんに嫌がらせしているのは、同じ女性ファンの集団で、彼女たちの脳内はほかのファンとは違う。過剰な付きまといをするのは、彼に振り向いてほしいから。そう考えると大倉さんは彼女たちにメッセージを送ってしまったわけで、彼女たちにしてみれば『私のためにコメントを出した』となる。常人には理解しがたい感覚ですが……」

 警告のはずが、過激ファンにとっては「ご褒美」で、今後さらに嫌がらせがエスカレートする危険もあるという。同氏が続ける。

「コメントを出すよりも、警察に相談した方がいい。危険を感じる付きまとい行為は、れっきとした犯罪。これは本人ではなく、事務所側が対応すべき問題です」(同)

 最悪の事態にならなければいいが……。

最終更新:2018/11/15 08:00
こんな記事も読まれています

関ジャニ∞・大倉忠義に嫌がらせする“過激ファン”の「ヤバすぎる脳内回路」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...
写真