日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小田和正特番中止に様々な憶測が……

『クリスマスの約束』今年は中止、小田和正の気難しさにスタッフや歌手が疲れた!?

小田和正スペシャルサイトより

 シンガーソングライター・小田和正がMCを務める毎年恒例の音楽特番『クリスマスの約束』(TBS系)が、今年は放送されないことが番組公式サイトにて発表された。

 公式サイトには「小田さんと番組スタッフは、初夏より今年の番組制作についてミーティングを重ねて参りましたが、収録と放送を少しだけ延期して、それに代わるものを出来るだけ早くお届けしよう、と言う結論に至りました。何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます」とつづられている。

 同番組は、メディアへの露出が少ない小田のトークや歌、さらに豪華なゲスト歌手とのコラボが見られる人気番組。2001年の放送開始から毎年話題となるだけに、ネット上では「残念」といった声が聞こえている。しかし一方で、「小田さんの気難しさにスタッフがついていけなくなったのでは!?」と推測する声も上がっているようだ。

「同番組は毎年TBS側のプレゼンに対し、小田さん”やる意味”が見いだせなければやらない、という方針でスタート。しかし、長期化しているため、小田さんとしては一回休みたいというのが本当のところなんでしょう。しかし、過去に放送されたメイキングでは、小田さんのこだわりが強く、それにスタッフが困惑し、対立する場面が多々あった。それを見ていた人は『小田さんのわがままにスタッフの怒りが爆発したのかも!?』と思ってしまったようですね」(音楽誌ライター)

 また、「ゲスト出演してくれるアーティストがいないのでは?」との臆測も上がっているようで、

「過去のメイキングでは、出演アーティストとの練習風景も放送されていたんですが、小田さんのダメ出しがひどく、その場の雰囲気が悪くなっていました。また、スキマスイッチ、松たか子さんはよく出演していたんですが、自分の歌唱スタイルというよりは小田さんの好きな感じに仕上げているといった印象があるようで、毎回小田さんのこだわりに付き合えるアーティストだけ出演していた。それだけに、もう小田さんについて行けないと『アーティストが全員出演拒否したのでは?』との臆測も上がっています」(同)

 年1回で小田の姿を見られる人気番組だっただけに、放送されないのは非常に寂しい。しかし、公式サイトでは「代わるものを……」と言っていただけに、そちらに期待したいものだ。

最終更新:2018/11/22 09:41
関連キーワード

『クリスマスの約束』今年は中止、小田和正の気難しさにスタッフや歌手が疲れた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真