日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉岡里帆の来年カレンダーが不評!?

吉岡里帆、2019年カレンダーが不評!? みかん大量喰い、球体に顔入れて……珍テーマ続出にファンも困惑

吉岡里帆公式Instagramより

 最近、何をやってもバッシング状態の女優・吉岡里帆。そんな吉岡がこのたび、「吉岡里帆 2019カレンダー」を発売した。

 吉岡は11月19日、自身のInstagramにて「『吉岡里帆 2019カレンダー』発売。今年もれもんらいふの千原徹也さんにアートディレクションをして頂きました!色の世界へ月ごとに染まっています。今年も勿論特大サイズ」というコメントとともに、カレンダーの表紙と3カットの写真を掲載。それぞれオレンジをテーマにこたつで大量のみかんを食べているショット、アバンギャルドな赤のワンピースを着ているショット、球体の顔を入れて斜め上を見上げる顔のアップのショットなど、個性的な仕上がりとなっている。

「吉岡さんの昨年のカレンダーは、自然光の中で釣り堀にて釣りをしていたり、遊園地でデートしている風だったりと、清楚な魅力が満載で完全に男性ファンを意識した作りで、女性タレント全体で10位にランクインする売り上げを誇っていました。しかし今回は、完全にアートなコンセプト。ファンに向けてというよりは、本人の趣味嗜好がかなり入っている仕上がりですね」(テレビ局勤務)

 このカレンダーについて、ネットでは「吉岡里帆ちゃんに良さが出てない。のん(能年玲奈)っぽい写真だよね」「カレンダーの全部似合ってないよ。こういう顔の人は木漏れ日の中でほほ笑むとかそっち系でしょ」「普段のほうがかわいい」「どんぎつねコスのカレンダーの方が絶対売れるよ」と辛辣な声が続出するなど、評判はイマイチの様子だ。

 さらに、このカレンダーでは顔アップのショットがあるのだが、そこに映る吉岡の右目の目頭の切れ込みが目立つというのもあり、「この子、向かって左(右目)の切開やりすぎだよね」「最後の目頭怖すぎます! アップはきつい」と、根強く囁かれる整形説まで再燃してしまっている状況だ。

「流出している学生時代の写真と比べると、吉岡の目元の目頭の切れ込みが鋭くなっているという説は昔からありますが、確かにカレンダーで使用されている写真では、目頭の切れ込みが目立ってしまっていますね。このショットは使用しないほうが良かったかも(笑)。水着ショットも一応ありますが、胸の谷間などがまったく見えず、しかもポージングもセクシーなものではないので、男性ファンにとってはあまりおいしくないカレンダーと言えるでしょう。この仕上がりで昨年よりランキングが上にいったら、本当に人気があるということになると思いますが……」(芸能事務所勤務)

 主演した映画、ドラマともに大コケしてしまい、今年は吉岡にとって苦しい一年となってしまった印象があるが、このカレンダーの売り上げで巻き返しを図ってほしいところだ。

最終更新:2018/11/27 23:30

吉岡里帆、2019年カレンダーが不評!? みかん大量喰い、球体に顔入れて……珍テーマ続出にファンも困惑のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真