日刊サイゾー トップ > その他 > PR情報  > 第1回「細谷正充賞」受賞式 高名書評家が選ぶ“2018年で一番面白かった本”とは!?

第1回「細谷正充賞」受賞式 高名書評家が選ぶ“2018年で一番面白かった本”とは!?

左から真藤順丈氏、細谷正充氏、幡大介氏、西條奈加氏

 21日、第一回細谷正充賞の受賞式が都内で行われ、評論家の細谷正充さん、作家の幡大介(ばん・だいすけ)さん、真藤順丈(しんどう・じゅんじょう)さん、西條奈加(さいじょう・なか)さんらが出席した。

 細谷さんは1963年生まれの評論家で、歴史小説やミステリーなどをエンターテインメント作品を中心に、書評・解説を数多く執筆している文芸評論の第一人者で、主な編著書に『歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100作ガイド』、『井伊の赤備え 徳川四天王筆頭史譚』(ともに河出書房新社)、『名刀伝』(角川春樹事務所)など。自宅にはなんと15万冊もの本を所蔵しているという。

 細谷さんに賞設立の経緯を伺うと、「この出版不況の中、従来の仕事をしているだけでいいのかと疑問に思った。世の中には面白い本がたくさんある。みんなで読もうぜ、と。作家と読者を結びたい」と思いを語った。

 歴史小説『騎虎の将 太田道灌』(徳間書店)で細谷賞を受賞した幡さんは、「説明が多いと他の評論家からメタメタに言われた。でも大河ドラマ用だから説明が多いのも当たり前かな」と笑いを誘った。

 受賞作は以下の5作。(順不同・敬称略)

『騎虎の将 太田道灌』上下巻(徳間書店)幡大介
『宝島』(講談社)真藤順丈
『無暁の鈴』(光文社)西條奈加
『完璧じゃない、あたしたち』(ポプラ社)王谷晶
『うなぎばか』(早川書房)倉田タカシ

 全国書店にて絶賛発売中。

最終更新:2018/11/27 19:25
こんな記事も読まれています

第1回「細谷正充賞」受賞式 高名書評家が選ぶ“2018年で一番面白かった本”とは!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

「二世信者」の実録マンガ

「毒親」という言葉をご存じですか? 過干渉や...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真