日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大島由香里にグラビア業界から熱視線

大島由香里アナの“推定Fカップ”にグラビア業界から熱視線! 小塚崇彦との“スピード離婚”で……

大島由香里 公式ブログより

 3日、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦と、元フジテレビの大島由香里アナウンサー夫妻が年内にも離婚すると、一部スポーツ紙が報じた。2人が結ばれたのは2016年のこと。翌17年には長女も誕生したが、スポーツ紙によれば、すでに別居しており、理由は「多忙によるすれ違い」だという。これに首を傾げるのは、女性週刊誌の記者だ。

「2人の出会いは2010年のバンクーバー五輪で、小塚のファンだった大島が積極的にアプローチして交際が始まりました。その後、故障に悩まされた小塚を大島が献身的に支え、小塚は15年にリンク上で大島に公開プロポーズ。その後、小塚は16年に一旦スケート靴を脱ぎ、トヨタの社員になりましたが、その後スケート界に復帰したのは、妻の強い希望だったようです。つい先日、2人はバラエティ番組『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)に出演しましたが、小塚の同級生たちは口を揃えて、小塚に女っ気がまったくなかったと証言し、その内の1人は、『小塚が(女子アナに)遊ばれてるんじゃないか』という感想を述べています。このままいけば、遊ばれたかどうかはともかく、振り回されたのは事実だったということになりますね」(女性週刊誌記者)

 大島は1日にブログで、大手芸能事務所のスターダストに所属したことを発表しており、「育児と両立しながらお仕事も頑張っていきたい」(ブログより一部抜粋)と、働く気は満々。しかしそんな彼女に居場所はあるのか? 芸能関係者が語る。

「大島由香里と言えば、フジテレビの女子アナの中でも1、2を争うナイスボディが有名で、推定Fカップと言われています。大食漢として有名で、写真週刊誌にラーメン屋とうどん屋をハシゴする姿を撮られたこともありますが、抜群のスタイルを保っており、かつて担当していた夜のニュース番組では、体のラインが強調された服をたびたび着て話題になっていました。現在、フリーの女子アナは完全に供給過剰で、“元フジ女子アナ”というだけでも、加藤綾子、高橋真麻、本田朋子、高島彩、中野美奈子、木佐彩子、中村仁美などがおり、近々ここに元貴乃花親方と離婚した河野景子も参戦してくるでしょう。となると、知名度でワンランク落ちる大島が名前を売り出すのに一番手っ取り早いのがグラビア。元日本テレビの脊山麻理子が近年、グラビアに挑戦して大きな話題になりましたが、大島がグラビアをやれば、話題の大きさは脊山の比ではないでしょう。逆に言えば、そのぐらいのやる気がなければ、フリーでは生きていけませんよ」(芸能関係者)

 新たなグラビアスターが誕生する可能性は十分ありそうだ。

最終更新:2018/12/04 19:30
こんな記事も読まれています

大島由香里アナの“推定Fカップ”にグラビア業界から熱視線! 小塚崇彦との“スピード離婚”で……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

暴力団がタピオカ店を続々出店

 女子中高生を中心に大ブームを巻き起こしてい...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真